記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
「チョコレートを食べるとニキビができやすい」と聞いたことがあります。チョコレートとニキビ、どう関係があるのでしょうか?

今回は、チョコレートとニキビの密接な関係について、医師に聞きました。

チョコレートとニキビの関係は?

Licensed by gettyimages ®

【ニキビの原因】
ニキビができる根本的な原因は、皮脂の毛穴詰まりによるものです。
皮脂が、毛穴からスムーズに外へ排出されれば、詰まったりすることはありません。しかし、毛穴の大きさ以上の皮脂が大量に分泌された場合、毛穴が詰まってニキビができてしまいます。

【チョコレートの成分】
チョコレートの原料となるカカオには、脂肪分と当分が多く含まれています。
わたしたちが口にするチョコレートには「脂質」と「糖質」がたっぷりと入っています。この脂質と糖質は、私たちの皮膚で皮脂の分泌を促進する働きがあります。

【ニキビとチョコの関係は…】
つまり、チョコレートをたくさん食べることで皮脂の分泌が増えます。その皮脂が毛穴に詰まってしまい、ニキビができることもあります。

このことから、チョコレートをたくさん食べるとニキビができやすいのは、大いにあり得ると考えられます。
基本的には、ニキビができてある方、もしくは、ニキビができやすい肌の体質といえます。ニキビ予防したいと思っている場合は、脂質や糖質が多く含まれるチョコレートを摂取しないほうが予防になります。

それでもチョコレートを食べたい!

Licensed by gettyimages ®

「わかっていてもチョコが好き!」と思う人もいますよね。

最近は、脂質・糖質が少ないチョコレートも市場に登場しています。
気になるけどチョコレート食べたいと思うときは「脂質や糖質の成分がカットされている」と書かれているチョコレート選ぶといいですね。そのときに手にとって、パッケージの成分表示を見比べて選ぶといいでしょう。

ただし、脂質や糖質の成分がカットされていてもチョコレートには変わりありません。摂取し過ぎてしまうと、脂質や糖質が体内へたくさん入っていきます。いずれにしても、食べ過ぎには注意したいものですね。

悪いところだけじゃないチョコレート

Licensed by gettyimages ®

今回は『ニキビとチョコレート』というテーマだったので、チョコレートの欠点が多く見えてしまったかもしれません。

しかし、チョコレートには利点もあります。チョコレートには、癌や動脈硬化の抑制に効果的といわれる、ポリフェノールが含まれています。
また、ストレスを和らげる癒し効果もあると言われています。

チョコレートが好きな方はうまく付き合っていくようにするといいですね。

≪気づけば肌荒れがひどくなっている…あなたの生活習慣は大丈夫?≫
肌荒れ、カサカサ、ニキビ、たるみ、シワ…肌トラブルの原因を調べてみよう

【医師からのアドバイス】

大好きなチョコレートを我慢すると、そのことがストレスとなり、ニキビが増えたり悪化する原因となる…という悪循環は避けたいものです。

チョコレートの長所・短所を理解し、うまくチョコレートと付き合っていきたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス