近頃の学校では、授業で、子供の発表をよくする。子供が自分で調べたらしいことを、発表するのである。国語や算数や社会科などでは、題目はいくらでもある。
プリントを自作したり、模造紙に大きく図を描いて示したりする。調べたり、資料を作ったりする時間が、一番楽しそうである。

発表は、上手なのとそうでないのとがある。何かを相手に理解させるためにする発表だから、策略がある。
最初に、題名、大体の内容、発表理由を言ったほうがよい。主題、要約、研究理由である。これらは、相手のためでもあるが、発表者自身が混乱しないためでもある。自分で何をやっているのかわからない発表もあるから。

講演会などで、講師の名前とともに演題が大きく書かれているのは理由がある。話の題目がいつも目に見える形でないと、聴衆はすぐに混乱する。だから、題名をカードに書いて貼っておくのもよい。

あごをひいて、聞き手の目をみながら話す。一ヶ所を見つめすぎてもいけない。あらぬ疑いをかけられる。たびたびうつむくと、落ち着かないし、頼りなく感じる。大きめの声で、ゆっくりと話す。
ゆっくり過ぎると間延びするが、早口よりは、ましである。相手は、発表者よりは、題目について知らなのが普通だから、噛んで含めるくらいがよい。

図や、実物や、表や、グラフなどの資料を示すと分かりやすくなる。資料の説明は、横に立ってすること。真前では、肝腎の聴衆には見えない。指示棒を使うとよいだろう。
二つのことを同時にすると、せわしい感じになる。話しながら資料を出したりするのは論外である。だまって取出し、何が始まるんだろうかと、ひきつけておいて、やにわに、この表によりますと、などと話し始めるとよい。

ときには、相手に質問して、興味や関心を呼び起こす。聞いただけでは、質問の内容がわからないことがあるので、大きめのカードに書いて相手に見えるようにしてもよい。
発表の最後に、全体のまとめを話す。途中で、小さなまとめを内容の変わり目ごとにする手もあるが、最後のまとめで、だめ押しをする。
それというのも、相手は分かっているようで、分かってないことが多いからだ。

聞き手は、途中を飛ばして結果だけを欲する傾向がある。「まとめ」をすれば、相手は、自分自身に対して納得するのである。分かったような気になるのである。
そうかそうか、こんな話だったんだよな。よくわからなかったけれど、要するに、そういうことだったんだ。

ほとんどの講演会は、こんなものか、それ以下である。

この記事を書いたユーザー

ひまお このユーザーの他の記事を見る

退職教員也 暇人である

得意ジャンル
  • 社会問題
  • インターネット
  • 暮らし
  • カルチャー

権利侵害申告はこちら