自分だけの友達

このスレに書くべき話じゃないかも知れないけど・・・今までで一番不思議だった経験。二年ほど前。夜中に小腹が空いて、部屋でカップうどん食ってたのね。そうすると、な~んか変な感じがあってさ、人に見られてるようなそんな感じ。ふっと横をを見たのよ。そしたら、何かたんすの前のあたりの空間?を開いてたような感じで、何か子供がこっち覗いて笑ってるの。一瞬でぞぞ~~~ッと体中に悪寒が走って、金縛り状態になってさ、1分ぐらいかな?その子とじーっと見詰め合ってたわけだ。少し時間がたってさ、あれ?この子の顔見たことあるな・・と思ったら、そのこがニイって歯を剥き出しにして笑ってさ、パタっと空間か何かを閉めて消えちゃったんだよ。しばらくして、やっと動けるようになってさ、あの子が見てたところをみても何の異常もない。でも、あの子の顔は見たことあるな・・・誰だったっけ・・・と、ず~っと一晩中考えてたのね。考えても考えても思い出せなくて、そのうち諦めて寝ちゃったのよ。翌朝、夢で見たのか何か知らないけど、起きたらその子のこと思い出しててさ。まあ誰だったかと言うと、よくある話なんだけど、子供のころ自分だけが知っていた友達って奴だったのよ。家でも遊んでたはずなのに、何故か親は知らないってタイプのね。どんな子だったかというと、ちっちゃいころ、まあ、いろいろあって友達がいなかった自分とさ、遊んでくれてた少し上の年の男の子。小さなころは、ほぼ毎日その子と遊んでたのね。田舎だったから、近所の小さな山で走り回ったりしてさ。んで、一番鮮明に思い出したのが、今回の件に関連する事でさ。夏休みも終わりに近くなった休日。(親が家にいた記憶があるからね)ちょっと離れた神社に、その子につれてってもらったわけ。その子がいうには、面白いもの見せてやるよってことで、期待してついてったのね。んで、神社の横に回ったら、何か小さな扉みたいのがあるわけ。戸袋っていうんだっけ?あんな感じのさ。そしたら、その子はその扉を空けて、何か楽しそうにしてんのね。何見てんの?って聞いたら、見たい?って聞くのさ。もちろん見たいって答えると、見せてやんないとか言うわけ。意地悪されたと思ってさ、見せてよ!っていって、軽い喧嘩になったの。でも結局見せてもらえず、その日は泣いて帰ったわけ。でも何か気になるでしょ?そういうのって?だから、次の日かそのまた次の日かわかんないけど、まだ夏休み中だった日にさ、一人で見に行こうと思って、初めて一人で遠出したわけ。うろ覚えだったけど、二時間ほどかかって、何とかそこまで行けたのね。そんで神社の裏手に回って、扉の前でしばらくドキドキして。よーっし、と覚悟を決めてあけたら、そこは何か普通の部屋でさ、大人がひとり漫画読んでたの。ボケ~っと見てたら、その大人の人が気付いてさ、何かヨッ、とか言って笑ったの。ビックリしちゃって、何も言わずに閉めて逃げ出してさ。でも気になるから、戻ってもう一度空けてみようと思ったら、扉がないのね。あれ?間違えたかな?と思ってしばらく探してたんだけど、やっぱり扉はなくてさ。何か夢でも見たような感じで、帰ろうとしたんだ。そしたら男の子が出てきて、見たなー食ってやる!ってな具合にお約束だと進むんだろうけど、そんなことはなくてさ。単純にガキだから帰り道がわかんなくなっちゃって、近所の商店街みたいなところで泣きそうになってたのね。そしたら男の子が出てきて、何も言わずに家まで送ってってくれたの。とまあこんな感じで、その後少しして引越ししちゃって、男の子とはあえなくなっちゃってさ。手紙を書こうとはしたんだけど、親が知らないっていうから住所もわかんなくて、そのままそれっきり。とまあ、ここまでが思い出した話でね。で、俺が見たのはその男の子だったから、しばらく後には自分が見に来るのかな?と思ってたのね。そしたらやっぱり来ましたよ。男の子が来てから1ヶ月ぐらい後でした。眠れなくて夜中に漫画読んでたら、最初と同じように視線を感じて、ふっと見たら、バカ面下げた自分がビビッテた。自分も予想はしてたといえビビッちゃってさ、「いょぅ 」ってな感じ声ひり出して、薄ら笑いみたいな感じで、なんとか笑ったのね。したらガキの自分はびびっちゃって、いきなり消えちゃってさ。こっちも緊張が解けて、しばらく気の抜けた状態になってましたよ(笑まあ、ここで終わりです。乱文垂れ流し失礼しました。興味深かったのは、子供のころの記憶で見た大人は、確か自分のした顔よりも余裕があって、にこやかに笑ってたようなきがしたんですけどね。子供からみると、そう見えてたってだけかもね。

歯型

これは今から13年前に起きた出来事です。今でもあれが何だったのか分かりません。早く忘れられれば良いと願っています。当時私は上京してきたばかりで、右も左も分からない状態でした。祖父からもらったぼろぼろでいつの時代かわからない東京マップを手に、見知らぬ都会をさまよいました。上京の理由は職探しでした。地方で職にあぶれていた私は、遠い親戚を頼って来たのでした。「職は知らんが、住む場所なら安く提供してやろう」叔父にあたる其の人は、電話でしか話したことも無く、まったくもって不安でした。しかし、今になって思えば、あのときの不安な気持ちは、虫の知らせだったのかもしれません。目的のアパートに着いたときは、日が暮れかかっていました。そこには、大柄なおばさんが立っていました。「ようこそおいでました。お疲れでしょう。案内します」私は案内されるがまま、その薄暗いアパートへと入っていきました。入り組んだ場所に建っているだけでなく、建物自体がさらに奥まったところへ伸びている為か、私はなにかいいしれぬ圧迫感を感じました。雑草も伸び放題。実際、日は暮れかかってましたが、まるで暗い洞窟に入っていくような錯覚すら感じました。いつのまにか、おばさんの背に止まっていた蝿が妙に恐ろしく、私は荷物を握り締め、「いやー、東京は始めてなので、人がおおくって」と、声を大きめに云いました。するとおばさんは振り向いて、「静かに!!!」と怒鳴りました。私はそのとき、そのおばさんが女装したおじさんだと分かりました。とっさの怒鳴り声が、男の声だったのです。私は意気消沈し、そのときは都会の恐ろしさを感じました。今となっては、そこが異常なところであったと自覚しています。部屋は生臭いのを除けば、家具も揃っており文句の言いようがが無かった。しかし東京の家賃は、いくら親戚価格で提供してくれているといっても、9万と高かった。六畳が一間と、床板のめくれた台所。水は耐えず濁っていた。だが、私専用のトイレは有り難かった。しかし、和式トイレの穴は、夏の熱気によって凄い匂いだった。フタをしても匂ってくる・・・おばさん・・・いや、おじさんの厚化粧はぎらぎらと輝き、むっとする化粧の匂いが、いつまでも吐き気を催しました。そして、化粧を落としてきたおじさんが、今度は何事もなかったかのように再び訪れて来て、挨拶をしました。「遠いところご苦労様。所用で迎えに行けなくて申し訳無い。女性が応対しただろう?どうだった?」「え?」「綺麗だったか?」そういうと小太りのおじさんは、私の目を除きこみました。

アイラインと言うのでしょうか?目のあたりが、まだ化粧が落ちずに残っていました。「なんとも・・・」あいまいに口だけで返事すると、おじさんはあからさまに機嫌が悪くなりました。部屋に漂うすえた匂いと、私の脂汗と、おじさんの化粧の匂いが、風も無い六畳に充満していました。その夜、備え付けのほこり臭くゴワゴワした布団に入り、疲れていたのでむりやり眠りました。どれくらい時間がたったのでしょうか。暗い部屋の中に、複数の動く物があります。気配というか、音というか、腐ったような匂いと言うか・・・とにかく、何かが私の布団の周りにいるのです。しかし、私は強引に目を瞑って眠りました。相当疲れてもいたようです。次の日、いくつかの場所をあたって、バイトを探しました。しかし、なかなかに見つからず、喫茶店でコーヒーを頼み、街の喧騒に怯えながら、小さくなって寂しい思いでした。ふと私は、自分のコーヒーカップを持つ手首に目がとまりました。・・・歯型?良く見ないと気づかない。しかし、はっきりと歯型がついていました。私は、寝ぼけて噛んだのだろうと思いこみました。私のものよりはるかに小さな歯型がついた手で飲むコーヒーは不味かった。正直、帰りたかった。しかし、帰る場所はアパートでした。おじさんに会うのではないか?と怯えながら、部屋に足早に戻り鍵をかけました。血なまぐささは幾分収まりましたが、化粧の匂いが新しく残り香として部屋に漂っていました。その夜、私がたくさんのよだれのついた布団をかぶり眠っていると、またもいくつかの気配が感じます。猫だと思いますが、私は熱帯夜のような(実際にはまだ夏ではなかったです)蒸し暑さの中で、汗をたらしながらも、布団の中でふるえていました。しかし、私は逆に耐えきれず、暗闇の中ふとんからいきなり手を出し、その黒い塊のほうへブン!と布団を持って払いました。気のせいだと確かめたかったのです。しかし、私の手の甲はある冷たい物にぶつかり、それは勢い良く壁にぶつかり畳に転がったようでした。私は手に感じた感触に背筋が凍りました。昔、若い頃に喧嘩をして、殴った頬の感触と同じだったからです。黒い塊がころころと転がってとまりました。そのときふいに、それが人間の頭部であると理解出来ました。その刹那、「ここどこ!!」。突然それが、低いドスの聞いた声で叫びました。その叫び声を聴いて、私は気を失ったようです。目覚めると、たくさんの頭部は消えていました。私は汗びっしょりだったので、体を拭くためにシャツを脱ぎました。そして驚愕しました。・・・全身、歯型だらけだったのです。自分でねぼけてやったのではありません。その証拠に、私の頬に血が出そうなほどの歯型がついていました。しかも、その歯型は大きいのから小さな物までさまざまでした。私は悲鳴をあげて出ていこうとしましたが、髭をそるのは忘れませんでした。おばさんおじさんは現れませんが、私はどんどん追いこまれていきました。実際、このころの私は、今思っても行動がおかしいです。その最たる理由は、相変わらずその部屋で寝ていたことでしょうか。私の体重は10キロ以上減り、傍目から気味悪がられるほど青白くなっていました。そのせいか仕事もまったく見つからず、疲れ果てて帰るという毎日でした。歯型は1日消えることなく全身に及び、面接官のひとりから「その歯型は?」と質問されましたが、さしてうまい良いわけも見つからず、そのまま「噛まれているようですね」と言ったところ苦笑されました。彼女にやられたとでも思ったのでしょうね。

しかし、私の限界は近くなっていました。幻が見えるようになり、歯型を隠すため、全身に包帯を巻いたりもしました。そのくせ表を出歩き、見知らぬ人に「おはようございます!」などと、大声で言ったりしてました。気が狂う直前だったようです。その夜、おじさんからさし入れと書いた紙と、栄養ドリンク剤が部屋に置いてました。私は疲れていたので、遠慮なくゴクゴク飲みました。そして私は、いつもより深い眠りにおちたようです。そのおかげか、夜中に目が覚めたとき、すっきり頭がさえてました。そして、私の体にとりついている10数個の黒い塊が私を噛んでいる事を、異常だとはっきり気づいたのです。怖がってる場合じゃないと。まぁそうですね。そう思っている私は冷静なつもりでしたが、ピークに達していたのでしょう。ムクっと起きあがると、暗い部屋の中で黒いかたまりがズズズっと畳を転がるように進み、台所に消えていったのを感じました。私は「待てぇ!!!」と、今まで上げたことの無いような声を上げると、台所に行きました。そして、それらの影がなぜかトイレに逃げたような気がして、トイレにかけこみました。トイレは和式でしたが、中は真っ暗です。電気をつけようとしましたがつかず、私は荷物箱をひっくり返し懐中電灯を手にしました。そして笑いながら、トイレの中にライトを向けました。闇に照らし出される汚物。目を凝らすと、ウジがうごめいているのが分かります。そして其の中に、うつろに見上げるたくさんの腐った生首や、白骨した頭部が私を見上げていました。私の糞尿にまみれて・・・ぎゃぁああああ私は悲鳴を上げ、なぜか帽子を手にとると、下着姿のままドアを蹴破るように飛び出しました。ぎゃ!!ドアの向こうに誰かがいたようでした。振り向くと、女装したおじさんが、マスターキーとノコギリをもって倒れていました。「いきなり開けるな!!」そう怒鳴られ私は無償に腹が立ち、近くの石をどんどん投げつけました。おじさんは悲鳴をあげうずくまりました。私はいつしか、投げている石が人の頭であることに気づきました。それらがおじさんに、どんどん噛みついています。おじさんは肉を食いちぎられているのか、悲鳴を上げ続けてました。私は怖くなり、アパートを飛び出しました。あれ以来、おじさんとは連絡をとっていませんし、連絡も来ません。あの頭部が幽霊であってほしいと思っています。そうじゃないと私は、あのアパートにいる間、ずっと毎日、糞尿を・・・あれから13年がたち、今では遠い記憶になりましたが、私の首元に残る一つの歯型は、しばらく消えませんでした。私が殴った生首が噛んだ跡だったのかもしれません。おわり

包丁を研ぐ臭い

母に聞いた話なので細部がうろ覚えだったりするかもしれない。ただし作り話ではないと思う。母は冗談は好きだがこんな嘘をつく意味がない。規制中なので細切れ投下スマン。しかも時間かかるし。あれは6年前のことで自分は小4だった。妹は保育園の年中組で毎日4時に母が迎えにいく。その日は真冬で、こちらの地方は雪はほとんど降らないが、かなり寒い日だった。保育園は家から歩いて10分くらいと近いので、午前中だけパートをやってた母は毎日歩いて迎えに行っていた。その日もいつもとかわらず、保母さんから妹をもらい受け、住宅街から外れた田んぼの中の近道を妹の手を引いて歩いてきたということだ。母の話では、その道すがら妹が変なことを言い続けていたらしい。「ねえねえお母さん、暗い道があったらまっすぐ行くとどうなるの?」「赤い車があって女の人が下を見てるの、すると男の人が出てきて運ぼうっていうの」「女の人もこっちに来て暗い道をいっしょにに行こうっていう」それで、道すがらの田んぼの中に農具を置いてある掘っ立て小屋があるのを見て、「あそこに入ろう」と言って母の手を引っ張ってきかなかったらしい。鍵はないだろうけど、他の家の小屋だし田んぼの土に足を踏み入れるのは嫌だったので、母は無理に手を引いて家まで連れてきたという。今は違うけど、当時は妹はおとなしくてほとんどしゃべらないような子だったのでそれも変だと思ったそうだ。そんなこんなで、近いのにその日は家まで30分ほどかかってしまった。それで家の玄関先まで来ると、妹は手を離して走り出し、どたどたと音をたてて保育園のお道具を持ったまま二階へ駆け上がり、当時は俺と共用だった子供部屋へ入ったらしい。普段はそんなことをする子ではないし、手を洗わせようと思って妹の後を追いかけ二階へ上がったが、二部屋しかない二階にはどこを探しても妹の姿はなかったそうだ。ただ自分たちの部屋に入ると、ちょうど砥石で包丁をといでいる時と似た臭いが強くしたという。換気がてら窓を開けて屋根の上を見たりしているところで母の携帯が鳴り、保育園からまだお迎えに来られていませんが遅くなるのですか、という問い合わせの電話だった。母はあっけにとられて、さっき伺ったと思いますがといっても、今日は一度もお見えになっていませんよ、と向こうも驚いた様子だった。そのあたりで自分が学校からあがってっきて、母といっしょに保育園に行った。道々、母にこの話を聞かせられたが自分にはちんぷんかんぷんだった。保育園ではいつもの妹がべそをかいて待っていた。それから一週間後、母が妹のベッドのシーツを取り替えようとして敷布団をあげたら、ちょうど寝た状態の妹のあごがくるあたりのマットレスに、小さな赤黒い手の跡がついていたという。母は思わず大声で叫んで、あわててぞうきんで拭き取ったが、そのときに包丁をとぐ臭いがまたしたそうだ。だから自分はその手の跡も見ていない

この記事を書いたユーザー

青空マン このユーザーの他の記事を見る

青空マンです。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • ライフハック
  • 広告
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら