最新映画『スティーブ・ジョブズ』はどんな映画?

アップルの共同創業者として、現在のパソコンの元祖を生み出したスティーブ・ジョブズは、自らがスカウトした取締役に退社に追い込まれてしまう。その後、古巣に復帰するとiMac、iPod、iPhone、iPadを世に送り出し、倒産寸前だった同社を時価総額世界1位に立て直した。斬新なアイデアでIT業界のみならず、人々の生活そのものに大きな変革をもたらしたジョブズとはどんな人物だったのか? 歴史を変えた3つのプレゼンテーションの舞台裏を通して、その本質に迫るヒューマンドラマだ。

出典 http://top.tsite.jp

原案はジョブズ本人が唯一全面協力した、
ウォルター・アイザックソン著の
『スティーブ・ジョブズ』

「1984年Macintosh発表会」「1988年NeXT Cube発表会」「1998年iMac発表会」の緊迫した舞台裏“本番40分前”にスポットをあて、ジョブズの人生哲学を浮き彫りにした。

出典 http://top.tsite.jp

監督は『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル
脚本は『ソーシャル・ネットワーク』のアーロン・ソーキン

本年度のアカデミー賞受賞候補にも挙げられているようです。

主演は名優マイケル・ファスベンダー

娘との確執と和解を通し、“父としてのジョブズ”という一面も垣間見せたファスベンダーの演技に対する評価は高い。

出典 http://top.tsite.jp

ジョブズ没後5年。
今もなおジョブズの人生は様々なクリエイターたちによって、
あらゆる表現方法で描かれ語られています。

今回の作品はヒューマンドラマということですので、
これまでに語られたことがないジョブズを見ることができるようです。

この記事を書いたユーザー

ALICE このユーザーの他の記事を見る

東京でクリエイターをしています。最近は主にデジタルコンテンツの制作をしています。
アート、デザイン、音楽、ファッションなどが大好きです。
たくさんの人たちが楽しめるような情報を中心に発信したいと思います。
よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 音楽
  • インテリア
  • インターネット
  • おでかけ
  • 広告
  • 料理
  • テレビ
  • カルチャー
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス