かつて、コンクールの盛んな時期があった。
小中高の生徒向けの、絵画、音楽、作文、弁論など、主催が官公庁や新聞社、各種財団、県、市、郡、ついには町の名を冠したコンクールまであったと記憶する。

こんなことを思い出したのも、押入の奥から埃を被った賞状が出てきたからである。金や銀の縁取りがしてある。印刷より手書きの部分が多い。朝日毎日読売新聞等、都の区のなんとか、青少年のなんとか、何何大臣、県知事など、色々の名がある。小さいのやら大きいのやらあるが、総じて、今の物よりは立派なものである。

当方は絵が好きだったので、コンクールにはよく出た。
当時は、学校代表という形で、二人とか三人だったと思う。だから出るのも簡単ではなかった。出たら責任を感じた。特選か入選か佳作か、腕試しのような感じもあった。

今、子供のコンクールはそんなに流行らない。厳しい選抜もなくなった。その逆に、大人向けのものは、小説絵画デザイン、標語、コピーと称する一行宣伝文など 種々あるみたいで、それがまた、商売上の効果があるらしく、会社主催のものが多い。一般公募のコンクールばかりを紹介した月刊雑誌もある。

お話変わって、絵画が盛んなのは、台湾韓国中国である。台湾の知り合いの教師に聞いたところによると、絵を習っている子が多く、流派まであるそうである。

ピアノを習うことも、特に香港や上海では大人気だ。ただし、ピアノは高級品である。大金持ち以外は、日本製の中古を買って、大切に使用している。
それでも、ちょっとやそっとでは買えないほど高額である。
日本製の楽器に感謝しなければならない。日本では優れた品質のものが、手の届く範囲で買える。
香港では歌の塾もある。これは小学生を中心に習っている子が多い。

また、お話変わって、水泳だの陸上競技だのは、記録会といって、コンクールとはいわない。これは、校内で一応の選抜があるが、比較的簡単に出ることができる。「選手」として日がな一日楽しんで帰ればよいのである。この日の子どもは、顔つきが違って見える。ふだんよりもいっそう伸びやかでたくましくなっている。 自分の肉体を自分でコントロールすることは、難しいけれど楽しい。
プラトンは、数学と音楽と運動とを、その教育の根本とした。運動は、体力の問題だけではなく、その精神に及ぼす影響が大きいからである。
コンクールだろうが、競技会だろうが、競い合うことは、子供は大好きなのである。
あまつさえ、受験と称する「勉強コンクール」ですら、本当は、子供は大好きなのである。


この記事を書いたユーザー

ひまお このユーザーの他の記事を見る

退職教員也 暇人である

得意ジャンル
  • 社会問題
  • インターネット
  • 暮らし
  • カルチャー

権利侵害申告はこちら