正当な批判はしてもOK、むしろするべき

みなさんは、「批判」と「非難」の違いをご存じですか?

ひ‐はん【批判】

1物事に検討を加えて、判定・評価すること。「事の適否を―する」「―力を養う」

2人の言動・仕事などの誤りや欠点を指摘し、正すべきであるとして論じること。「周囲の―を受ける」「政府を―する」

3哲学で、認識・学説の基盤を原理的に研究し、その成立する条件などを明らかにすること。

出典 https://kotobank.jp

ひなん【非難・批難】
スル相手の欠点や過失を取り上げて責めること。 「不手際を-する」

出典 https://kotobank.jp

一見、似たような意味に思えますが、
「批判」は、検討したり、良し悪しをしっかり見極めた上で、評価することです。
また、物事をより良くするために、直すべきところを的確に指摘することです。

「批難」は、相手を責めること
何かを正そうというよりも、相手を否定することが目的になっています。
それが過剰になると、中傷・罵倒など、言葉の暴力での攻撃になります。

相手の悪いところを責め立てること、相手を悪く言って攻撃することは「批難」なのですが、それを「批判」であると誤解している人も少なくありません。

正しく「批判」することは、悪いことではありません。
むしろ、間違ったものを正すのは良いことです。

しかし、誤って「批難」とならないよう気をつけねばなりません。

クレーマーとは

クレーム(クレイム、英語:claim) はサービスに対する苦情や改善要求、契約或いは法上の権利請求を指す外来語。損害賠償請求やごり押し等による不当な強迫要求や請求の意味で用いられる場合もある。原語では正統な権利主張または請求の意味合いが濃く、苦情や不平については別の語('complaint')が対応する。

出典 https://ja.wikipedia.org

「クレーム」とは、本来は正当な権利主張のことなのですが、日本では不当な要求を指すことも少なくありません。

クレーマー[2]【claimer】
苦情を申し立てる人。特に,本来の苦情の領域を超えて,あら探しのような苦情を企業に寄せたり,執拗に抗議を繰り返したりする人をいう。常習的苦情屋。

出典 http://www.weblio.jp

「クレーマー」となると、あら探し、言いがかりなど「苦情を言うこと、批難」が目的になっている人を指すことがほとんどです。

買った商品が壊れていたなど、正当な主張をしたいのに、クレーマー扱いされては困りますね。
これはケンカのときにも共通することですが、主張をきいてもらえない場合、「クレーマー気質」が影響しているかもしれません。

逆説的に、クレーマーがよくやる行為を考えていきたいと思います。

感情的・暴力的になる

怒り狂い、大騒ぎしながら言われると、
相手にとっては
騒がれている」「落ち着けなくては」
という点が1番の優先事項となってしまい、話の内容を聞いてもらえません。

とにかく腹が立っていることをわかってもらいたがる

主張したい内容のことよりも、
「とにかく私は怒っている、こんなにイライラするのはお前のせいだ」
という部分を1番の重要事項にしてしまうと、「なぜ」怒っているのかという部分がわかりにくくなります。
「わかりました、そんなに怒らせてごめんなさい」と言わせたところで、根本的な問題の解決にはなりません。

論点をすり替える

相手への怒りが度を越すと、主張したい内容と無関係のことまで腹が立ってきます。
相手を負かしたいという思いが強すぎて、
相手の容姿をけなす
相手の趣味や、過去にやっていたことをけなす
など、論点とまったく別のことを持ちだして攻撃するのです。

しかしそれは、ただの批難誹謗中傷です。


問題を起こした人がいたとして、
「あんなことするなんてサイテーだよね。もともとブサイクでキモいと思ってたし、もう会いたくない」
と言ってしまうと、
「問題を起こした云々はどうでもよくて、もともと嫌いだったから文句を言うネタができて喜んでいるだけだな」
と思われます。


罵倒するだけでは、
ただ何かに攻撃したいだけのクレーマーなのだな」
と思われるので、まともな対応をしてもらえなくなります。

正しい批判とは?

クレーマーがやりがちな上記の行為を避ければよいのです。
逆のことをすればOK。

論点をはっきりさせる。

論点についてだけ話し、感情論を避け、落ち着いて話す。
きちんとした根拠にもとづき、問題の原因や解決策を話し合う。
相手を攻撃する目的ではなく、問題解決のために話し合う。


「そんなに落ち着いてなんかいられない!」と思うなら、
落ち着くまで待つべきです。
感情に流されては、相手への攻撃しかできません。
クレーマー扱いされ、きちんとした話し合いができない人物だと評価されてしまいます。

この記事を書いたユーザー

mar このユーザーの他の記事を見る

固定観念を撲滅せよ。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 暮らし
  • カルチャー
  • コラム

権利侵害申告はこちら