富山県砺波市の大辻店で起きたポイント不正取得が、あるお客がレシートをツイートしたことで発覚しました。お客本人はポンタカードを持っていなかったにも関わらず、レシートを見ればポイントが4000ポイント以上になっていました。カードの持ち主はこのカードをスキャンした店員だったことが分かります。この分かりやすい犯罪を、なにげにツイートした本人は既にツイートを削除してしまいましたが、ツイッターでは大変話題になりました。

ローソンは2月8日、富山県の同社加盟店従業員がポイントを不正取得していたことが分かったと発表した。カードを持たない客の精算時に自分のカードを使って取得していたという。店員は既に退職しており、同社はポイントを調査の上、回収するという。

出典 http://www.itmedia.co.jp

画像に富山県砺波市内の店舗名も写っていたことからローソンが従業員を特定、事実確認したところ認めた。従業員は6日付で退職したという。ツイッターにアップされたレシートにはポイント残高が「4698P」と印字されていた。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

ツイートに対し、皆の反応は?

解雇は決定的なようです。

確かに。

ローソンからのお詫び

出典 http://www.lawson.co.jp

 同社は再発防止策として従業員教育を徹底するほか、店舗でのイレギュラーなポイント取得の監視体制を強化し、不正行為の防止に努めるとしている。

出典 http://www.itmedia.co.jp

ポイント不正取得されないために気をつけること

ローソン側は監視体制の強化、そしてお客側の私たちも不正行為されないための対策が必要です。

1.ポンタカードの取得
2.カードを持っていない場合、レシートを貰う
3.会計時の監視

手打でカード番号を入力した場合、ポイントは使用できない

スキャンしか方法はないらしい。

ポイントはお金と同等

お金がなくても貯まったポイントで買い物ができること。便利な分、店員の犯罪を生んでしまうのかもしれません。

スキャンしたふり

フェイントされるケースも。

ツイッターで話題になったことがニュースまでに発達してしまう現実。ツイッターのパワーは本当に凄いですね。富山県のケースのみではなく、他の県の店舗でも大いにありうることです。お客が気がついていないのをよいことに、不正を行っている店員がいることにショックを隠せません。客である私たち側にも注意が必要であると気がついた事件でありました。

この記事を書いたユーザー

sakura cherry このユーザーの他の記事を見る

Spotlight公式プラチナライター。灼熱の地UAEに暮らす色々書いてる人。ブログもやってます!
ブログ>>http://ameblo.jp/maomao2015/
twitter>>@maonyan2015

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • ライフハック
  • 料理
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • 感動
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス