飛行機に乗ると、必ず離陸前に機内スクリーンで流される緊急時のデモンストレーションがありますよね。
なにもなく到着するのが大前提にありますが、もしもの時には知っておかなければいけません。

ただスクリーンで流されると全く面白くありませんし、何度も搭乗している人からすれば、煩わしい時間に感じるかもしれません。

どうすれば、大勢の注目を集め、緊急時の案内を進めることができるか。
会社によってはCAが音声に合わせて、デモすることもあります。スクリーンが故障してしまった時や小さい機体にはスクリーン自体がない時などもCAが行っていますね。

そんなCAによるデモで、きっと誰よりも乗客の注目を集めたであろうCAのデモの様子を撮った動画がありましたのでご紹介します!

まずはご覧下さい。

出典 YouTube

はい、よく見て〜

チュッパァ〜〜

出典 http://youtu.be

なぜそこで投げキッス⁉︎


ヘィ!!

出典 http://youtu.be

ベルトをしっかり身体に合わせて〜  ってとこですかね、笑


ほほほぉ〜

出典 http://youtu.be

わぁ〜お!キマってる〜!!


え?

出典 http://youtu.be

え、なに⁉︎

出典 http://youtu.be

なんの説明か全く理解できないけど・・・

たまにはこんなこともあるよね。

アヒルの口ではありませ〜ん

出典 http://youtu.be

電話して〜

出典 http://youtu.be

注目度はバッチリ!

アナウンスの声もよく聞き取れず、なにを言ってるかは全く理解できないけど乗客の心はバッチリつかめたでしょう!

悪ふざけしている様にも見えますが、面白おかしくすることで注目を集め、緊急時にどう行動するかも覚えてもらえるので効率はとても良いかと思います。

日本の航空会社ではこの様なデモを見ることはありませんが、もしこの様な個性的なデモを見ることができれば飛行機に乗るのも楽しみになることでしょうね^ ^

ちなみに、海外では個性的なアナウンスをするところや、今回の様にCAによる変わったデモを行っているとこもある様ですので、動画を載せておきます。

出典 YouTube

出典 YouTube

陽気なブラジルならではの振る舞いです

この記事を書いたユーザー

Kairin このユーザーの他の記事を見る

どこにでもいる主婦です。バラエティーを見るのが好き。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • 育児

権利侵害申告はこちら