役所で転入や海外転出手続きをするため必要になること

一人暮らしをするとき新築した時などの理由で引越しする方は意外に多いですが、そうしたときしっかり手続きしておきたいのが転入届、転出届など役所での住所変更手続き。

転出届を出す時必要な物本人確認書類(住基カード。運転免許証、パスポートなど顔写真がない書類なら2点以上提出を求められることも)印鑑保険証(国民健康保健の場合)引越し時の住所市区町村により異なることもあり、事前に各ホームページで確認を。

転出届は、転出証明書をはこうしてもらうために役所の窓口に提出する書類のこと。

この書類は窓口側においてあって1枚受け取り記入を。

このとき現住所と引越し先住所の両方記入する必要があり、引越し先住所を手元に準備を。

記入した転出届を窓口に提出。小さい役所なら、窓口が1つしか無いときがあって、都心部など大きな役所は提出する書類により窓口が異なります。

転出届のときは転入、転出、戸籍などの看板がかかった窓口に該当します。

役所の方が手続きをしてくれて、名前、呼出し番号が呼ばれるまで待って下さい。呼ばれれば、転出証明書を受け取るのみ。

国民健康保険、国民年金に入っている方は、年金窓口、健康保険窓口で別途手続きが必要なことも。

このとき、転出証明書手続きを担当してくれた方に聞いてください。

転入届を出す時必要な物は本人確認書類(住基カード・運転免許証、パスポートなど顔写真がない書類のときは2点以上提示を求められることも)転出証明書印鑑年金手帳(国民年金の時)保険証(国民健康保険のとき)市区町村により異なることがあり、事前にホームページ確認を。

転入届に必要事項記入。

書類は窓口の側に準備されていて、氏名、生年月日、性別、住所、世帯主、すみはじめた日など。

記入した転入届を窓口に提出。

小さい役所のときは窓口が1つしかないことがありますが、都心部など大きな役所のときは、提出する書類により窓口が異なります。

転入届のときは転入・転出、戸籍など看板がかかった窓口に相当します。

転入届と一緒に転出証明書提出も求められて、手元に準備を。

転居届を出す時転居届は同じ市区町村の中で引っ越す時届け出るもの。

必要な物本人確認書類(住基カード・運転免許証、パスポートなど顔写真がない書類のときは2点以上提示を求められることも)印鑑(不要な時が多いかもしれないです)市区町村により異なることもあり、事前に各ホームページで確認を。

転居届に必要事項を記入し、書類は窓口側に準備され、基本的に氏名、旧住所、新住所など。

市区町村によっては登録変更届と呼ばれることもあり、いずれも転入・転出・転居を取り扱う窓口はおなじで、わからない時は窓口で質問を。

書類を窓口に提出すると、手続きは終了。

20代でお金を貯めるためにすべきことは

大富豪までのぞまなくても一生お金に困らない人生にしたいといったことは、誰でも願うこと。

国や会社に頼りにくい時代、お金に対する意識の差が今後の生活を大きく左右したりします。

私は一人暮らしで賃貸。正社員への内定が決まって、はじめて貯蓄のことを意識しました。

収入が増えるのに伴って、月5万ずつ貯金して、年額60万を目標貯蓄額に設定。

生活費など出し入れする口座と別にためる専用口座を開設。会社の給与のうち5万円をそちらに別に振り込んでもらうようにしました。

このプランをやり始め毎月5万をためることに。きがるに手を付けられないところにお金を置くことがポイント。

その口座はないものと思い生活すると結局バイト時代と同じぐらいの生活水準を維持するのみだったので、それほど苦労しないで目標額達成。

クレジットカードのリボ払い、カードローンで買い物をすれば多、高い手数料を取られて、利用しない方がいいでしょう。

特にリボ払いは月の支払額が一定で便利で、つい気が大きくなり高い買い物に手を出しがち。

どうしてもほしければ、その額をため一括で買うようにした方が貯蓄へのモチベーションが上がりいいでしょう。

そして、超低金利時代といわれて久しいですが、どこに預けても一緒ではなく、大手銀行の普通預金の利息が0.02%に対し、ネット銀行の定期預金はキャンペーンで0.3%ぐらいになったりして、その差は歴然。ある程度まとまったお金があれば、1つの普通預金忌塩漬けではなく、定期預金、自動積み立てをはじめてください。

高い保険へ加入知り合いの方に強くすすめられて、もしもの時安心などの理由で20代から高い保険に加入して、貯蓄力低下になってしまう方が増えています。

保険料払い込みと一緒に貯蓄できるタイプの保険もありますが、超低金利の今保険と貯蓄を一緒にしても得はないです。

どうしてもというなら、保険料が安くて、掛け捨てのもので20代の独身女性なら十分。

仲がいい友人、気の置けない職場仲間と外食はたのしいですが、交際費がかさめば、びっくりするほど家計圧迫します。

誘われたらなんでも2つ返事で済ますのではなく、その外食で新しい情報を得られるのかなど俯瞰視点で考えてみるのも大事。

仕事帰り用事もないがコンビニに酔ってしまうことや、なんてことない距離でもタクシーを利用など、そうした衝動的行動による出費をしてないでしょうか。

これもお金がたまらない大きな要因。

衝動的に何かお金を使いそうなら、ちょっと一呼吸置き、これは本当に必要かを考えましょう。

定期預金以外に、投資信託にもチャレンジしてみればよかったです。20代のころから興味があったのですが、結局仕事が忙しく勉強途中で終わってしまったのです。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス