オフィスで他人のプライバシーにかかわる書類を管理するには

仕事するうえで他人プライバシーにかかわる内容を知ってしまうこともあり、プライバシーを守る方法は会社の新入社員研修で知りました。

その研修で企業で仕事をする上で守ることを教えてくれました。

プライバシーは個人の事柄をみだりに公開されない法的保証と権利。個人情報も含まれます。

生命保険会社は他人のプライバシーにかかわる情報が集まっていて、保険契約するうえで個人情報は必要になります。

お客様のプライバシーを守れなければ情報漏えいしてしまうことがあり、その個人除法が悪用されるケースもあります。

個人情報はとても大事で、漏えいしないよう注意を。漏えい防止のため他人のプライバシーを守ります。

生命保険で仕事をしていたときにしてました。

具体的方法は、個人情報が記載されている書類はしっかり封筒に入れ、その封筒も机の中に入れます。

机の上に出したままにしておけば紛失の原因となります。

たまたま内容がすけて見えたといったことも考えられて、中がわからないような封筒に入れておきます。

他人のプライバシーを守るためオフィスでしておくこと

書類提出など個人除法が記載されてますから、しっかり封筒に入れます。

こうしておくことで安易な紛失防止ができます。

机を1段あけて、その中にプライバシーにかかわる書類を入れた封筒を入れ、できれば鍵がついているといいです。

書類は置きっぱなしにすることもなくすぐ処理することも大事。

実際企業全体で書類紛失防止のため受け取ったらすぐ封筒に入れるといった方法を推奨していてもしも特定の机で管理しない時は私の修行先はフタすることができる箱を設置していて、こうしておくことで、他人の目に触れることがないようにしてます。

他人のプライバシーが侵害されるのは危険で、書類上で記載されていることもあり、それら書類について管理をしっかりしておくことが大事。

書類以外に、しごとする空間を確保することがあり、その時はパーテーションで区切ります。

こうした置くことでおプライベート空間を作れ、外からの情報をシャットアウトとして仕事に集中可能です。

海外渡航先で災害にあったら

地震、ハリケーン以外に、台風、落雷、海外にいるとき、自分や日本の家族や友人が被害にあれば、どういった対処をすればいいでしょう。

海外に行くとき多くの方が海外旅行保険い入るでしょう。

はいっている保険の種類、保険適用法など確認の上、各種医療施設へ向かいましょう。

多くのときは領収書、レシートを保管し、後ほどそれを保管会社に提出すれば請求可能。

そして、大使館へ行けば近場の病院を紹介してくれたり、家族への連絡支援、弁護士、翻訳家の情報提供をしてくれます。

自然災害にあったら、避難はもちろん家族や友人に自分の安否を伝えることも大事。

滞在先で国際電話の使用ができない時、国際間で使える携帯電話を所持してなければまず渡航先日本大使館に行ってください。

大使館は在留邦人の安保確認を第一として、退避支援、送金助言をしてくれます。

料金建て替え、被害届代行などの業務はしてないですが、現地や日本の状況の情報取得に重要。

ともあれ渡航先の日本大使館の場所を大まかで結構ですから、把握しましょう。

自分が海外滞在の時日本で災害が起きたら災害時、電話回線やメールの仕様はすすめられず、日本国内ですでに電話会社の回線がパンクし、国際電話で確実な連絡を取ることは難しいです。

スカイプ、ラインなどネット回線を利用した連絡手段がおすすめ。

海外では日本に比べWi-Fiの整備が進んでいて、ホテル、カフェなどの多くで無料の回線を使えます。

ネットが使用できればより素早い情報取得も可能に。海外使用可のWi-Fiルータを購入あるいは連託しておくといいでしょう。

そして、各携帯会社の災害用伝言板サービス、その他いろいろな企業安否確認サービスを使いましょう。

ですが、そうしたサービスは多くあるうえ、携帯会社がそれぞれ異なっている家族もいて、そうした過程は災害時使うサービスをあらかじめ統一しておいたほうがいいです。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら