散歩中によく見かけるアノ行動…

犬を飼っている方ならすぐ分かると思うのですが、フンをするときにクルクルと回る行動を目にしたことがありますでしょうか。
一見特に意味もないように思えますが、実は地球の磁気が関係しているようなんです!チェコとドイツの研究チームによって明らかになりました。しかし、急に言われてもあまりにも大規模すぎて信じられませんよね…いったいどういうことなのでしょうか?

地球の地磁気軸に合わせてフンをしている

研究者たちは、2年間37品種70匹の犬の日常を観察。1893回の排便と5582回の排尿を調べ、体の方向を調べました。その後、地磁気の変化も調査したのだそう。

その結果、犬は意図的に南北の地軸に身体の向きを合わせることで、落ち着いて用を足せるということが分かったのです。そして、磁気が上手く安定しない場所では用を足す行動が見られなかったそう。

つまり、排泄時に南北の向きを探して、ウロウロしたりクルクルと回っていたのが正体だったということです。あの可愛い行動がまさか地軸を探していたとは…。

オオカミの野生的な名残なのでは?という意見も

これらの地球の磁気が関係しているという説に対して、ある海外のメディアでは野生の犬やオオカミの野生的な習慣の名残りだと述べています。というのも、犬の祖先であるオオカミは、眠る前に地面を踏み固めて害虫やヘビから身体を守っていたという説があるためです。
とはいえそれはあくまで眠る前の行動ですから、何とも言えませんね…。そもそも、このクルクル回る行動はオオカミもするのか、もしくは犬にしか見られない行動なのかも分かりませんから、謎は深まるばかりです。

犬の「行動学」からすると?

犬の行動学からすると、このクルクル回る行為はどういう意味があると言われているのでしょうか。実はここでも野生の名残が出ていると言われているのです。
というのも、犬が用を足している時は非常に無防備な状態です。その間に相手に襲われては困りますよね。そこで、その場所のニオイを嗅いで情報を集めたり、クルクル周りを見渡して敵がいないかを確認していたと言われています。ちなみに、室内でペットシーツの上をクルクル回るのも同じ原理です。

ここでもオオカミの名残だという意見が出てきましたね。こうして見ていくと、犬は意外とオオカミの時代からの行動をいまだに残しているのですね。

サケ、鳥、アリなども磁気を感じる能力があるみたい!

犬意外にも地球の磁場を感じる動物がサケアリなどと言われています。
中でも鳥は、感光性タンパク質と結びつくことで目の中にコンパスが生成され、地球の磁場が見えるようになると言われています。

磁気が目に見えているとは驚きですね!だから、渡り鳥は長い距離を迷わずに目的地にたどり着けるのかもしれませんね!

道に迷ったら犬を見ると良いかも?

まだ詳しいことは解明されていませんが、とても興味深い説ですよね。もしも犬がクルクル回っているのをみたら「あっ南北探してる!」なんて思ってみると楽しいかもしれないですね!また、もし道に迷ったときには犬が方位磁石になってくれるかもしれません。
信じられないという方は、犬がクルクル回った瞬間にスマホなどの方位磁石で一度確認してみてくださいね♪

この記事を書いたユーザー

ジンジャー このユーザーの他の記事を見る

思わず誰かに話したくなるネタを中心に発信していきます!

得意ジャンル
  • 育児
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら