引越し後の手続きについて

引越しが終わっても安心するのはまだ早く、その後は住所が変わりますから、各方面で住所変更手続きが必要。

引越し後は14日以内に、新しい住所の市町村区役所の所定書類に記入後、提出。転入届証明書交付を受領してください。

国民健康保険国民健康保険に加入している方が対象。引っ越した日から14日以内に新しい住所の市町村区役所で資格取得手続きを。手続き完了後、保険証が発行。

国民年金国民年金に加入している方が対象。引越しをした日から14日以内に、新たな市町村区役所で資格取得手続きを。完了後、保険証が発行。

福祉関連届医療証、健康保険証、印鑑を持参し引越し後、なるべく早く引越し先市役所、町役場に届けてください。

印鑑登録は新しい住所の市町村区役所に登録印を持っていって登録を。登録後には印鑑登録証が発行。

転校書類には、必用な転入学通知書は転入届を出すと発行してくれるところ、住民票を教育委員会に出し発行してくれるところ等あり確認が必要に。前住所の学校で出された在学

証明書、教科書図書給与証明書の提示が要求されたりします。

そのほかには、銀行口座の住所変更ですが、取引銀行窓口に届け出、住所変更を。金融機関によってはネットで手続きができることも。

クレジットカードの住所変更は裏に記載されている電話番号に連絡して、後日送られてくる住所変更用届出用紙に記入して返信を。今はネットで手続きができることも。

運転免許証は新たな住所地を管轄している警察署、または免許センターで記載事項の変更手続きを早めにしてください。

引越しによって住所変更して所轄の陸運支局が変わったら、変更した日から15日以内に新住所を管轄する陸運支局あるいは自動車検査登録事務所で登録手続きを。

海外旅行のトラブルの対処

海外旅行で思わぬトラブルが発生したりします。

つい我を忘れパニックになってしまいがちですが、冷静に対処してみればトラブル拡大を防げます。

私は過去何度もトラブルにあってましたが、今回何度も経験したトラブルの対処法を紹介。

ツアー旅行であまり多くない被害ですが、個人旅行者が現地で宿探しをしてとまるとき、球に盗難が起きます。

私も今まで4回ほどあったのですが、最初パニックになって冷静に対処できなかったです。

ほかの地域へ移動する日朝食を済ませゲストハウスへ戻ると貴重品や金目のものが全部なくなっていて、すぐ宿のオーナー事情を伝えましたが自己責任の一点張り。

具体的な対処法を教えてくれなかったです。幸い高額紙幣、パスポートは持っていて、盗難にあったものは諦め移動してしまったのです。

事前の準備として出発前旅行に持っていく荷物をリストにまとめて購入時の概算額を記す。

加入してる海外旅行保険、クレジットカードについている海外旅行保険について内容確認を。

対処法ですが、盗難にあったらまず慌てないで冷静に。直ぐツーリストポリスや警察に事情説明を。

公式な盗難届を作ってもらって、証明書をもらいましょう。帰国後保険会社へ書類提出
可能なら宿泊先宿の評判を事前にネットで調べてください。

旅行先の空港で飛行機が飛ばないといったことはよくあって、特に経由地では、出発元の空港でトラブルがあるとその日の搭乗は絶望的。私も過去何度もあったのですが、最初はただ待つことしかできなかったです。

空港についているモニターを何度見てもDelayの文字しかかかれてなくて、すでに5時間以上たって、時刻は深夜24時。

状況がわからなくてずっと待ってましたが、周りの方はいなくなって結局数名しか残ってません。

そのまま空港で一夜過ごして飛行機に乗れたのは20時間以上後。

対処法ですが渡航先で飛行機が2時間以上遅れたら空港会社のカウンターへ行って状況確認を。

当日離陸が難しいか確認し、飛行機到着が翌日なら、その日のホテルの手配を依頼。

基本的に荷物をすでに預けていることがおおく、当面の支度金を出してくれる航空会社があり、ホテル代はもちろん会社が負担し、当日空港まで送迎してくれます。

飛行機の遅延は海外旅行保険が適応され、会社から証明書をもらいましょう。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら