EXILEの王子様 岩田剛典【がんちゃん】

2014年4月にEXILE新メンバーとして加入した岩田剛典さん。
彼はもともと三代目 J Soul Brothersとしても活躍しています。

元祖、EXILEの王子様と言われるTAKAHIROさんにも「寝姿さえも綺麗な王子」と言われる岩田さんですが、古くからの三代目ファンからは違和感を訴える声が上がっています。

御曹司であり、スポーツ万能。しかも慶應ボーイなのに。

実は岩田さん、お父様が名古屋で大手靴メーカーを経営する御曹司。
小学生の時の成績は名古屋トップ。
中学受験にて慶應に入り上京→高校時代はラクロスに打ち込む→大学時代はダンスに打ち込む→AKIRAさん、小林直己さんに出会う→三代目オーディションに合格!
というエリート街道まっしぐらなのですが…

実は三代目の中でも一番のガサツBOY!
そしてかなり男っぽい性格。
『漢・岩田剛典』と言われたり、『心の中で虎を飼っている』と言われたり。

今回は岩田さんの王子様伝説ではなく、男っぽくガサツなエピソードを紹介します!


【バラードなのに】ライブ中にオナラ。メンバー悶絶!

初の三代目 J Soul Brothers単独ツアー『ZERO』の公演中に事件は起こりました。

しっとり聴かせて、しっとり魅せる。そんな定評のある三代目のバラード。その代表曲である『リフレイン』。
ステージで踊る岩田さんは、なんとオナラをかましたのです!(笑)
しかも、岩田さんが階段の上にいる状態で、すぐ下にボーカルを務める登坂広臣さんがいるタイミングでオナラ発射。
すごい臭いだったようで、登坂さん曰く『コイツ漏らしたんじゃないかと思った』(笑)
その臭さは、反対側にいた山下健二郎さんにまで届くほど。
その言葉だけで、かなり強烈なオナラだった事が分かります(笑)


裸のパンに、真っ黒バナナ

続いてのがんちゃんガサツエピソードです。
ダンスの練習の際にジャージや靴など入れているバックがあり、その中から袋にも何も入っていないパンを丸ごと入れていたそうです(笑)
メンバーが「袋どうしたの?」と聞くと、「捨てちゃいました!」とサラッと言ったようで、その後そのパンは普通に食べてたそうです(笑)

とにかく岩田さんのバッグの中からは色々な物が出てくるようで、真っ黒の腐ったバナナが出て来たという話も!!
やっぱり彼は食べたそうです(笑)

山下健二郎さん曰く、「自分が女だったら、がんちゃんとは付き合えない」と思ったそうです。


そんながんちゃんの家の中は大変な事に(笑)

家でデニム等パンツ脱いだら脱ぎっぱなし。
部屋の中にヘビの抜け殻の様になったパンツが3つくらいあるらしく、それのどれを履いて行くかを選んでそのまま抜け殻に入って身につけて行くと言っていました(笑)
ヘビの抜け殻ならぬ、がんちゃんの抜け殻(笑)

そしてガサツな岩田さんは、私服を全てハンガーに掛けて収納しているそうです。
ニットやTシャツも何もかもです。
その理由は…勘のいい方なら、彼のガサツエピソードを読んでお気付きかもしれません。 「洗濯物を畳むのが面倒くさいから!」だそうだ(笑)
しかも「ハンガーに掛けると、洗濯物が半乾きのうちに収納したとしても自然に乾くメリットもある」って!
もうここまで来ると逆にすごいです!(笑)

いかがでしたでしょうか?がんちゃんのガサツ伝説。
もちろん真面目ですが努力家な彼ですが、テレビで見る王子様キャラの裏には、こんなに素のがんちゃんがいたのです。
パーフェクトボーイと呼ばれる彼だけに、こんな一面があると愛おしく感じませんか?(笑)



一緒にチェックしたい三代目情報

この記事を書いたユーザー

きらりん子 このユーザーの他の記事を見る

のほほんと気ままに生きてるアラサー会社員。ライター初心者ですが頑張ります!

得意ジャンル
  • 音楽
  • 動物
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス