あなたは普段バスや電車などの公共交通機関を利用しますか?

今回は私が実際にアメリカ留学時代の出来事を紹介します。

時刻表なんてあてにならない?

数年前、アメリカの某州に留学していた時、

学校に行くのにも、週末出かけるのも、いつもバスを利用していました。
朝、学校に行くのに、午前6時30分くらいのバスに乗る予定でした。5分前にはバス停に着くように家を出ました。
しかし、待てど待てどバスは来ません。もしかしてもうバス行っちゃったのかな・・・と思いながら、スマホのアプリ(このバスの会社が作ったバスをGPSで追跡し、あと何分くらいでバス停に来るかを教えてくれるもの)をチェックしていると、やっと来ました。実に20分遅れです。もしこれが日本なら、次のバスが来たのか?と思うところですが、アプリでは次のバスも10遅れて来るそうです・・・。これでも文句も言わずに乗り込むほかの乗客たち。私も普段からクレームを言えるような度胸のある人間ではないので何も言わずに席に座りました。
ただ問題は、バスを乗り継がないといけないのでこのバスが20分も遅れると2本目のバスに間に合わない可能性が大なのです。(1本目は主要の線なので本数が多めですが、2本目は少ないです。)そして、ドキドキしながら2本目のバス停に到着しました。あれ?いっぱい人が待ってる。2本目のバスも大幅に遅れているようです。嬉しいような、悲しいような・・・。なんとか学校には間に合いました。


あくまでこれは私の経験ですが、アメリカではこんなことはしょっちゅうあります。
州や町、バス会社によってはこういったことを改善しようとしているところもあるみたいですが、日本のバスや電車のような仕事ぶりを期待すると外国での生活は厳しいと思います。

最近は上記のようなアプリやシステムを導入しているところも多いみたいです。それでも遅れてくるので、最強ですね(笑)
(※すべてのバスが遅れてくるわけではありません。)

この記事を書いたユーザー

みゆき このユーザーの他の記事を見る

よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 海外旅行
  • カルチャー
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら