前回、「1人の女性を世界20ヵ国以上でフォトショ加工。世界各国の美意識はこんなにも違う」という記事を掲載させていただきましたが、その体型版ともとれる企画をみつけましたので、こちらもご紹介させていただきます。

◎1人の女性を世界20ヵ国以上でフォトショ加工。世界各国の美意識はこんなにも違う

◎世界各国において理想とされる女性の体型とは

美しさの基準は、国や文化、そして時代によって大きく異なる。ある国で美しいとされるものが、別の国では醜悪と判断されるケースもよくあることだ。そして同様のことは、「女性の体型」においても当てはまるらしい。英国のネット医療サービス「Superdrug Online Doctor」が昨年8月に発表した、世界18カ国で理想的とされる女性の体型をまとめた図を見れば、それが一目瞭然だ。

出典 http://tocana.jp

前回お届けした顔のフォトショ加工は、エスター・ボーニグさん個人によるFiverrを介して実現したものであることに対して、こちらはイギリスのネット医療サービス会社が行ったものですね。
エスター・ボーニグさんの企画が、ハフィントンポストに掲載されたのが2014年6月ということもあわせてお知らせしておきます。

◎自国の理想的な女性の体型をフォトショでレタッチ!

同社は、18カ国の女性グラフィックデザイナーに1枚のモデル写真を渡し、「あなたの国でもっとも魅力的な女性にレタッチしてください」と依頼した。これだけ世界が狭くなり、文化や言語の壁も低くなった現在、それほどの差が現れるものなのか――と思いきや、意外や意外、その結果が国によって実に強烈なコントラストを放っていたのだ。それでは早速、オリジナルのモデルの姿と、世界各国で理想的とされる女性の姿を比べてみてほしい。

出典 http://www.excite.co.jp

顔のフォトショ加工よりも、その国の傾向が出そうな予感が致します。
なぜならば、例えばアフリカ某国ではふくよかな女性が人気があるとか、ヨーロッパ某国人はやせ形で小柄な女性を好むとか、南米某国はお尻の大きな女性を好むなどなど、顔よりもそういった部分が顕著に体型のフォトショ加工に現れるはずですので、顔の加工よりも明らかな差が出るのではないでしょうか。

◎この企画を発表した会社のホームページ

モデルの女性

出典 https://onlinedoctor.superdrug.com

何気にこのモデルさん、最近ライザップのCMで話題のAKB峯岸さんに似てますね。

それではどうぞ!

アメリカ

出典 https://onlinedoctor.superdrug.com

アメリカは、モデルの女性よりもかなり絞った印象ですね。
バスト・ウエスト・ヒップのバランスは、ややヒップが大きめですが、日本人にでも十分に受け入れられそうな素敵なボディラインですね。

中国

出典 https://onlinedoctor.superdrug.com

中国は、モデルの女性とは別人の仕上がりですね。
かなり細身でリカちゃん人形のような体型ですが、その割に胸の谷間的にCカップはありそうなバストですね。

コロンビア

出典 https://onlinedoctor.superdrug.com

コロンビアは、モデルの女性をやや細身にしただけですね。
全体的にふくよかなイメージですが、痩身すぎる女性よりも健康的でいいと思います。

エジプト

出典 https://onlinedoctor.superdrug.com

エジプトは、くびれを強調しつつグラマラスに仕上げてきました。
髪型や髪色、肌の色にいたるまで変えてきて、フォトエディターの気合を感じる作品ですね。

出典 https://onlinedoctor.superdrug.com

イタリアは、かなり細身に仕上げてきましたね。
下着の形状や色まで変えて、ポーズも微妙にかえてきているところにセンスを感じますが、なんとなくエジプト人タレントのフィフィさんに似てますね。

オランダ

出典 https://onlinedoctor.superdrug.com

オランダは、くびれを強調していませんね。
自然に絞った印象で好感が持てます。
普通の女性なら、これくらいの体型が標準的なのではないでしょうか。

ペルー

出典 https://onlinedoctor.superdrug.com

ペルーは顔つきまで変えてきて、まるで別人ですね。
バストとウエストはやや絞った印象ですが、ヒップは大きめですね。
南米仕様なのでしょうか。

フィリピン

出典 https://onlinedoctor.superdrug.com

フィリピンは、ふくよかさを活かしつつ絞ってきた印象ですね。
アジアとラテンとアメリカ文化の融合でしょうか。
非常にバランスのいい作品だと思いました。

ルーマニア

出典 https://onlinedoctor.superdrug.com

ルーマニアは、ややふくよかですね。
細身の女性が評価される国だと思っておりましたので、少し意外でした。
でもバランスは悪くないと思います。

セルビア

出典 https://onlinedoctor.superdrug.com

セルビアは、全体的に絞ってきた印象ですね。
体もそうなのですが、顔がかなり細身になっていますね。
ということは、着やせする人が多い国なのかな?

南アフリカ

出典 https://onlinedoctor.superdrug.com

南アフリカは、全体的に絞ってきましたが、ウエストのくびれを強調しないスタイルですね。
日本でいうところの幼児体型な印象ですがある意味、日本人好みの体型ではないでしょうか。

スペイン

出典 https://onlinedoctor.superdrug.com

スペインは、モデルさんとあまり変わりませんね。
ありのままを受け入れるというお国柄なのでしょうかね。
う~ん。不思議です(笑)

メキシコ

出典 https://onlinedoctor.superdrug.com

メキシコは、かなり絞ってきましたね。
中南米のお国芸なのか、やはりヒップは大きめですね。
肌の色含めて健康的に映りますね。

シリア

出典 https://onlinedoctor.superdrug.com

シリアは、全体的に細身ですね。
なぜか上半身が小さいように感じます。
あまりバランスが良いとはいえない印象があります。

イギリス

出典 https://onlinedoctor.superdrug.com

イギリスは、全体的に絞ってきた印象ですね。
特にウエストのくびれを強調する訳でもなく、自然で一般的な女子に仕上げてきた感じで好感が持てます。

ウクライナ

出典 https://onlinedoctor.superdrug.com

ウクライナは、全体的に細身ですね。
イギリスと同じく、特にウエストのくびれを強調せずに、ナチュラルな体型に仕上げてきた印象です。

アルゼンチン

出典 https://onlinedoctor.superdrug.com

アルゼンチンは、バランス良い体型に仕上げてきましたね。
南米ですが、下半身が細身なような気がします。
ヒップ大きめなポルトガル語圏との違いでしょうか。スペイン語圏でもヒップ大きめな国がありましたので一概に言えませんが。

ベネズエラ

出典 https://onlinedoctor.superdrug.com

美女王国のベネズエラは、バストを強調するスタイルですね。
ヒップはやや大きめですが、ウエストのくびれを強調していないのは意外です。

◎各国の代表(?)が勢ぞろい

出典 https://onlinedoctor.superdrug.com

国別に紹介すると、その違いが分りにくかったのですが、全体ですとその違いが一目瞭然ですね。
個人的には、メキシコ、アメリカ、ペルーが好きかも知れません。

◎画像から推測する体重やBMI値

出典 https://onlinedoctor.superdrug.com

最軽量の中国と最重量スペインの差が、23.1kgですね!
国によって差は出るかとは思いましたが、これはビックリの数字です!
確かに、中国の若い女性をみると、あまり太っている印象はありません。
かといって、スペインの若い女性が太っているというイメージも御座いませんが、それ以前にスペインの若い女性を見る機会が殆どありませんでした(笑)

国によって体型の好みや傾向がことなるのは予想しておりましたが、顔の好みよりも顕著にその差が垣間見えたのは収穫でしょうね。

出来ることなら、アジアやオセアニア、アフリカの国々のデータももっと見たかったですね。少し、米大陸とヨーロッパに偏り過ぎているように感じました。

最後に、わたくしが日本代表としてフォトショ加工すれば完成度高めにこの記事を締められるのでしょうけど、あいにくフォトショもってませんし、そのやり方も知り得ませんので、「世界各国の体型評論家」として締めくくらせていただきます(笑)

この記事を書いたユーザー

アカンな~同好会 このユーザーの他の記事を見る

ツイッター
https://twitter.com/jose1106
アカンな~同好会【ラーメン編】
http://ameblo.jp/jose-r-b/

宜しくお願い申しあげます

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス