4年ほど前、世界有数の親日国として知られるブータン王国の国王ワンチュク国王とジェツン王妃が来日され、日本国民を幸せのおすそ分け旋風に包みこんだのは記憶に新しいところですね。
失礼ながらワンチュク国王、若かりし日のアントニオ猪木さんに似ているということでも評判になりましたので、覚えておられる方も少なくないでしょう。
また、そのことを好意的に受け取っている日本人も非常に多いと思われます。

そのお二人に、第一子が誕生したそうです

◎ブータン王国に王子様誕生!

【ニューデリー共同】ヒマラヤの小国ブータンのジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王(35)とジェツン・ペマ王妃(25)の間に5日、第1子となる男児が誕生した。ブータン当局が6日に発表した。

出典 http://this.kiji.is

来日時、仲睦まじい姿をお見せになっていたお二人ですので、お子様の誕生は自分の国の朗報のように嬉しいですね。

◎Twitterでの祝福の声

ブータンも旧正月制なのですね。

わたしも立ち会い出産しましたが、疲れました。

販売禁止ということは持ち込みにも規制がありそうでね。

おめでたいですよね!

言われてみれば、よく似てますね。

概ね好意的なツイートが多いようですね!

◎ブータン王国とは?

ブータン王国(ブータンおうこく)、通称ブータンは、南アジアの国家。北は中国、東西南はインドと国境を接する。国教は仏教(ドゥク・カギュ派)。民族はチベット系8割、ネパール系2割。公用語はゾンカ語。首都はティンプー。国旗はその模様が複雑で、竜のうろこが細かく描かれている。国花はメコノプシス=ホリドゥラ、国樹はイトスギ、国獣はターキン、国鳥はワタリガラス、国蝶はブータンシボリアゲハ。長年鎖国政策をとっていたが、1971年に国連加盟。翌年に国民総幸福量という功利主義を採用し、開発独裁につなげた。国連加盟諸国のうち、第二次世界大戦以降、アジア諸国で対外戦争や内戦・動乱を経験していない国はこのブータンと日本の二か国だけである。

出典 https://ja.wikipedia.org

世界的にはマイナーな国とされるのでしょうが、わたくしはその響きの良さからか小学生の頃から「ブータン王国」を存じております。
国王と王妃の来日で、より一層の親近感を持ちました。

◎国民総幸福量とは?

2年ごとに聞き取り調査を実施し、人口67万人のうち、合計72項目の指標に1人あたり5時間の面談を行い、8000人のデータを集める。これを数値化して、歴年変化や地域ごとの特徴、年齢層の違いを把握する。国内総生産(GDP)が個人消費や設備投資から成り立つように、GNHは 1.心理的幸福、2.健康、3.教育、4.文化、5.環境、6.コミュニティー、7.良い統治、8.生活水準、9.自分の時間の使い方の9つの構成要素がある。GDPで計測できない項目の代表例として、心理的幸福が挙げられる。この場合は正・負の感情(正の感情が 1.寛容、2.満足、3.慈愛、負の感情が 1.怒り、2.不満、3.嫉妬)を心に抱いた頻度を地域別に聞き、国民の感情を示す地図を作るという。どの地域のどんな立場の人が怒っているか、慈愛に満ちているのか、一目でわかるという[3]。

出典 https://ja.wikipedia.org

ブータン王国で積極的に導入している指標のようですが、抽象的な印象も否めない指標ともとられかねませんね。
幸福の値というのを数値で表すのは難しでしょうが、それを数値化して目標を定めるのは悪いことではないですね。

◎世界有数の親日国

ブータン王国は、昭和天皇のご崩御されたときに国民全員が一カ月喪に服したというほどの親日国でもあります。
日本の皇室とブータンの王室の関係の深さもありますが、「ブータン農業の父」といわれる西岡京治さん(享年59)の貢献も大きいでしょうね。
西岡京治さんは、ブータン国王から「最高に優れた人」を意味する「ダショー」の称号を贈られ、現地ではダショー・ニシオカとも呼ばれる人物でした。

◎ブータン農業の父

西岡 京治(にしおか けいじ、1933年〈昭和8年〉2月14日 - 1992年〈平成4年〉3月21日)は、海外技術協力事業団に所属して活動した日本人農業指導者、植物学者。ブータンの農業の発展に大きく貢献し、「ブータン農業の父」といわれる[1]。ブータン国王から「最高に優れた人」を意味する「ダショー」の称号を贈られ、現地ではダショー・ニシオカとも呼ばれる[2]。

出典 https://ja.wikipedia.org

「ブータン農業の父」といわれ、ブータン王国で最も尊敬されている外国人である西岡京治さんも、草葉の陰で喜んでおられるでしょうね。

王位継承者の誕生でブータンは祝賀ムードに包まれそうだ。 
当局によると、男児は首都ティンプーの王宮で生まれ、母子ともに健康という。

出典 http://this.kiji.is

なにはともあれ、日本と関係の深いブータン王国の王位継承者である王子様の誕生はおめでたいですね!

幸せの国ブータンと日本の未来に栄光あれ!

この記事を書いたユーザー

アカンな~同好会 このユーザーの他の記事を見る

ツイッター
https://twitter.com/jose1106
アカンな~同好会【ラーメン編】
http://ameblo.jp/jose-r-b/

宜しくお願い申しあげます

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス