消費生活アドバイザー、家電製品アドバイザー、食生活アドバイザーなど、幅広く暮らしや家事の専門家として多方面で活動している「和田由貴」が公開した節約術が人気のようです。

食費を抑える5つの鉄則

食費は、月一度の支払ではなく日々財布から出ていくお金なので、節約が難しい費目です。毎月の食費の予算を決めているけど、なかなか予算内に収められないとお悩みの方も多いのでは?そんな人は、5つの鉄則を守るだけで食費を抑えることができるようです。

1日当たりの使える金額で考える
食費の予算が決まったら、それを日数(大まかに30日)で割って1日当たりの使える金額で考える。

生鮮品と米や調味料の予算を分ける
3万円の予算なら 3:1=22,500円:7,500円といったように。

在庫確認を容易にする
冷蔵庫や食材庫の中はどの場所にどの食品を入れるかを決めておく。

原則的に買い足しはしない
毎週何曜日は卵が100円など特売日が決まっているスーパーに、その食品だけを買いに行くのはアリ!ですが、3日分の買い物をした場合は3日間、7日分の買い物をした時は7日間は買い物に行かないように。

別の予算からの貸し借りは絶対にしない
食費と別の費目は財布を分けるようにする。食費の中でも1回の買い物で使う金額の枠を超えない。これを徹底する。

生活の様々な「ムダ」を省き節約!

水道代・ガス代の見直しをすると節約になるそうです。その1つシャワーヘッドを変えること。シャワーで頭を洗う際、シャンプー中はシャワーを出しっぱなしをやってしまいがち。こまめに水を止めるスイッチが付いていて、ワンタッチで水を止めれるシャワーヘッドも売っているのでそれを利用しましょう。

電気代の基本料金の見直し

電気代の基本料金はワット数で変わってきます。一人暮らしなのに高いワット数だとムダになりますよ。電気使用量を確認してみましょう。

100円均一をうまく活用

「洗剤が入るブラシ」を使えば、手のひらサイズのブラシでキッチンのシンクやコンロなどを掃除するのに便利。蓋を開けると洗剤を入れられるようになっていて、上部を押すとブラシの間から洗剤がでてくるようになっているので、洗剤やブラシを持ち替えて掃除する手間が省けます。

まだまだある節約術!

和田由貴のスマホサイトでは、様々な節約術を紹介しているようです。食材の余らないようする裏技や簡単なのに美味しい節約レシピ。

いかがでしたか。無理をせずにできることから節約を始めることが大切なんだとか。節約を楽しみながら貯金ができるといいですよね。

参考になった!という方はぜひシェアしてくださいね!

この記事を書いたユーザー

sumalu このユーザーの他の記事を見る

最新トレンド情報に日々踊らされる有名キュレーターsumalu。ホリエモンこと堀江貴文元社長が手がけたグルメアプリteriyakiの公認アンバサダーやLINE公認のスペシャリストブロガーとして総合アクセスランキングで1位を獲得。手がけるジャンルは最新ニュースから、ネタ系ニュース、漫画、2ch、海外、女性向け記事、男性向け記事、イケメン、美少女、占い、芸能、芸能裏事情、インディーズ、音楽、VOCALOIDなど多岐に渡る。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 広告
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス