外出時のランチ等について思うことがあります

Licensed by gettyimages ®

流石に毎日のことという人も多いでしょうから、筆者がこれから書くことが「そんなの出来ないよ!」となる場合もあるとは思いますが、一つの考え方として世に問いたいことがあります。

人間という高等動物に生まれているので、生きるための食事とは言え、餌や飼料と呼ぶことは無いですし、少なからず「楽しむもの」という意味合いもあると思います。

勿論、仕事の合間に余裕がない時もありますし、経済的な問題もあります。

その辺りも含め、あくまで一つの考え方で、押し付けるつもりはありませんが、筆者が実践していて良いと思っていることですし、読者の皆様にも何かの参考になればと、少し変わった考えかも知れませんが、今回投稿させて頂きます。

なるべく読み物として耐えうるように書きますので、是非最後まで宜しくどうぞお付き合い下さい。

ランチの出費はもったいなくないですか?

Licensed by gettyimages ®

筆者、仕事柄もあるのでしょうが、一人でランチになることが多いこともあり、要は食事している姿を誰にも見られません。

そこで、これを普段は徹底しています。

なるべく自分で冷蔵庫の中のもので作った簡単な食事にするか、カップラーメンや食パンなどを食べます。

要するに「ハレ」の食事ではない、生きるための補給ですので、最安値のものにしておきます。

勿論お金に全く困っていなかったら、いつもきちんとしたレストランなどでバランスの良い食事にしたいと思います。しかし、現実はそのお金を他のことに使いたいと思います。

なので、中途半端な金額のする食事を一人で取らないようにしています。

誰も見ていないので、格好はどうでもいいのです

Licensed by gettyimages ®

会社に勤めていたときも、食事は仲間と行く慣習が無ければこれが出来ました。

時には「僕、お金がないので、ここで食べます。皆さん行ってらっしゃい!」と言っていた日々もありました。

勿論貯金がしたいということはありますが、それよりも今あるお金を減らさないということをします。

そして、筆者にはさほど日々感動しない中途半端なランチを、混んでいる中で中途半端な価格で食べたくないという気持ちもあります。時にランチ・タイムは不快さもあります。

毎日500円とか800円とか、中途半端な金額を使うことには抵抗があります。残しておけば数日でもう少し優雅なことが出来る金額になるからです。

狭くて並んで中途半端な金額・内容のランチだとしたら

Licensed by gettyimages ®

筆者は、食事、特に外食というのは「ハレ」の場所という意識が強すぎるのでしょうか?

並んだり、混んでいたり、狭かったり、中途半端な金額・内容だったりするのは苦手です。

毎日がそうだった時期も、筆者には勿論ありました。新宿や浜松町の高層ビルなどで働き、800円くらいする満足のいかないランチを食べ続けたこともあります。

実に勿体無かった気がしますし、今、新宿や浜松町に行っても懐かしくて立ち寄ることもありません。

そんな思い出にもならない食事ならば、デスクでカップラーメン、自作の弁当で充分です。

3日4日ランチの外食を控えると…

Licensed by gettyimages ®

週に一回でも、豪華なランチを食べられます。若しくは夜の呑み代の足しになります。または、趣味の物を少し買えます…。そうやってお金を使いたくなってきました。

お金が無くて食べることに本当に困った時に始めたことではありますが、その後習慣となっています。

無駄なランチの出費を減らし、昨日も昼にレストランに行き、1550円でしたが、サラダもコーヒーもついた、イタリアンのセットを広いところでゆっくり食べて、最後は一服して帰りました。2000円使う気があれば、そのくらいの条件の場所は簡単に見つかります。広い、並ばない、混まない、美味しい、ゆっくりできる…。外食の価値はそこにあると考えています。

体にいいとか悪いとかは別の話しとして、その前の一週間、ランチはカップラーメン3回。肉まん、食パン、ふりかけご飯、冷凍ピザ等で過ごしました。

そこで、やや高級なランチを食べる。この「ハレ」感。メリハリがあっての小さな幸せを味わいました。

いかがでしたか?

ベジテーブル☆ レシピhttp://www.recipe-blog.jp

何かを我慢して、時々贅沢をする。そういったことなのかも知れませんが、毎日800円みたいなランチの繰り返しでは、何も思い出になりません。

筆者は、時々ワンランク上のランチを食べることで、結構美味しいものを食べてますよ(笑)

そして、筆者がランチで行ったレストランは、後になっても覚えているところばかり!つまり思い出にもなります。そして後日友人と行く場合でも、レストランを沢山知っていることになります。それって悪くないことだと思いませんか?

ということを筆者は思っていて、読者の皆様に共感頂けるのかどうかを問いたく、今回はランチについて書いてみました。

最後までお読み頂き有り難う御座います。

この記事を書いたユーザー

奥村裕二 このユーザーの他の記事を見る

東京都大田区大森生まれ。立正大学附属立正高等学校、尚美学園短期大学音楽ビジネス学科、放送大学教養学部生活福祉専攻卒業。STAY UP LATEオーナー。 ライター業と、セミナー講師、司会業も実質少々。江戸川区在住、一児の父。愛猫家。

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア
  • おもしろ
  • 音楽
  • 社会問題
  • 育児
  • コラム

権利侵害申告はこちら