デニッシュパンにカスタードクリームという、過剰オーソドックス感すらある物件ですが、何となく目に付いて何となく購入。


外装全景

近頃主流の透明パッケージではなく半透明の包装。何か意味があるのか、資材発注を間違えたのか…。
ちなみに、端が切れてますが、これは撮影前にうっかりカットしてしまったもので、こういう状態で販売されている訳ではありませんので、お含みおきいただければ幸甚です…。


栄養成分等

熱量458kcal、ナトリウム350mg(食塩相当量0.88g)、脂質24.6g。さすがたっぷりクリームを謳うだけあって、なかなかの高熱です。割とサイズも大きいし。脂も結構いってますな。製造はヤマザキ。


ブツ(表裏・大きさ)

表も裏も、実にオーソドックスな筐体。お馴染み感溢れてますな。七味ビンとの比較では分かりづらいやもですが、結構大ぶりです。


ブツ(端・アップ)

寄っても印象変わらず。ドライ感は上昇か。


ブツ(内部)

中のクリームも結構ドライな感じですな。昔のシュークリームみたいな。縦にも切ってみると、端まで具が入ってました。まさにたっぷりです。


食べてみました

実食しますと…、はい、見たまんまのお味ですね。以前からあるクリームデニッシュというか、クリームパンの生地がデニッシュになっただけというか…。罪のない味とでも言うんですかね。個人的にはこうしたドライ系のカスタードは好みなので、本品は結構ポイント高いです。

生地についても特に語る点もなければ非難する点もない、普遍的とも表現出来る仕上がりでして、全体としてもホンマ普通のクリデニですわ。まあ、かなりボリューミーで看板通り具沢山ですし、税込み100円とコストパフォーマンスもいいし、ごく普通に美味しいし、そこそこ結構なる一品と申せましょう。



この記事を書いたユーザー

ふじつぼだんき このユーザーの他の記事を見る

パン、お菓子、B級中心の映画、音楽等々についてグダグダ語ります。バンドではドラム。ブログは http://blog.livedoor.jp/fujitsubodanki/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス