「男子、厨房に入らず」と言われたのはもはや昔の話。今は積極的に日本でも子育てや家事に協力する旦那さんが多いとか。とはいえ、欧米に見習って家事分担も男女平等になりつつあるのか…というと、やはりまだそこまではいかないようです。

そして欧米でも、みんながみんな率先的に家事をするのかというとそうではありません。家事が苦手な女性や男性は当然存在します。このほど、イタリアで夫が妻を訴えるという出来事が。理由は「妻の家事怠慢」だそう。果たして夫の訴えは成立するのでしょうか⁉

伊ソンニーノ在住の47歳夫が40歳の妻を訴えた

Licensed by gettyimages ®

イタリアは比較的「主婦が家庭を守る」といういわば日本と似たような感じの文化があります。とはいえ、夫も美味しいイタリア料理が得意という家庭も多く、これはどこの国でも同じことですが夫婦協力し合って家事を分担している家庭が大半でしょう。

ところが、今回47歳の夫の訴えによると妻の「家事放棄」が半端ないというのです。家事をすることが主婦の全てではないですが、この40歳の妻はちょっと怠慢過ぎた様子。

Licensed by gettyimages ®

買った食材なども滅多に料理しないのでみんな腐ってしまい、捨てなければいけないこと、何度も寝室から追い出されてしまい家族を大切にしないことなど、この2年間で妻がいかに家事と家族をおろそかにしているかということを訴えた男性。

そもそも家事と言っても料理や洗濯、買い物、掃除など多岐に渡るため、それを女性だけが無報酬で毎日しなければならないのは少し不公平な気もします。夫の協力があってこそ家が整理整頓され、清潔に保たれ、家庭内がスムーズに行くのではないでしょうか。

夫が仕事中に妻は育児と家事を必死でやっている

Licensed by gettyimages ®

夫が会社勤めが多い日本では、家庭内のことをほとんどしているのは妻でしょう。夫が忙しいとはいえ、例えば2年間何の協力も得られないのでは妻としてもストレスも溜まります。このイタリア人夫は2年の精神的苦痛を訴えていますが、果たしてどこまで協力していたのでしょうか。

家事は妻が全部するべきという考えは絶対に間違っている

Licensed by gettyimages ®

この報道に対し、「そんなことを裁判に持ち込むのはおかしい」「さっさと離婚すべきだ」「夫も家事を手伝うべき」など様々なコメントが寄せられているそう。妻がもし仕事を持っている身であれば、夫はもっと協力すべきだったのだと思う一方、単に怠慢で専業主婦だけど家事はしたくないという妻なのか、裁判ではそこが判決の分かれ道になりそうです。

Licensed by gettyimages ®

ISSP(International Social Survey Programme)という組織による国際調査では、日本、韓国、チェコ、メキシコ、台湾、ドイツ、中国、フランス、英国、米国、スウェーデンを対象に、家事(料理・洗濯・掃除)分担関係が妻と夫との間でどのようになっているかをリサーチ。

残念ながらこの調査では問題になっているイタリアは含まれていませんが、スウェーデン、米国、英国が「妻と夫の家事役割分担」がほぼ平等になるようにお互い協力し合っているということが伺えました。興味深かったのは台湾では「家族以外の人が家事をする」という割合も多かったよう。富裕層では使用人が家事をするということなのでしょう。

家事や育児に協力的な男性が増えたとはいえ、やはり日本は夫が外で仕事をしている確率、時間が他国よりも圧倒的に高く、そのためにどうしても妻が9割の家事負担を背負わされていることも改めて明らかに。

Licensed by gettyimages ®

そして経済協力開発機構(OECD)の国際調査では、日本とイタリアを比較してみると日本とイタリアの女性が家事に費やす時間は平均5時間と似たような時間ですが、男性の家事負担の時間がイタリアでは1時間50分、日本は1時間と2分だったそう。

日本の男性の方がイタリアよりも家事負担に費やす時間が少ないとはいえ、日本の女性もそれを理解したうえで家庭が成り立っているのでしょう。

今回、訴えられた女性は恐らく1日5時間も家事に時間を費やしてはいなかったのでしょう。でも夫もどこまで協力的だったかは疑問です。精神的苦痛を背負わされたとして妻を訴えている夫ですが、裁判には時間も費用もかかるのでさっさと離婚したほうが早いのでは?と思ってしまいます。

もし、裁判でこの妻が「怠惰な生活」への罪が認められれば、なんと最長6年間もの実刑が待っているのだというから驚きです。今年の10月に判決が下されるということでイタリア市民でなくてもなんだか気になるところ。

まだまだ女性が家事負担という国は多い

Licensed by gettyimages ®

デンマークやスウェーデンなどでは夫が率先して掃除や洗濯をする家庭が多いようですが、全体的に見てもまだまだ女性が家事を負担しているのは事実。子育ても重なっていればやはり女性だけが家事をするのはどうしても負担。

お互いストレスを溜めないようにするにも、納得しあった家事分担をすることが結婚生活をうまく送る秘訣の一つになるのかも知れません。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら