『ヘナ』という植物の葉を用いて、肌を一時的に染める『ヘナタトゥー』。2週間で消えるというこのタトゥーは、その手軽さから、若い女性の間で大流行し、現在もその人気は衰えていないのですが、今回紹介するのは、タトゥーというよりも、もはや完全にアート。ほとんどのお客さんが『消えて欲しくない!』と願うという…美しすぎるヘナタトゥーになります。

有機栽培のヘナを厳選し、驚くほど緻密な作品を描くのは、イギリス、ロンドンを拠点に活躍するヘナタトゥーアーティスト“Amy”さんでして、インドの伝統的なスタイル『メヘンディ』をモチーフに描かれる作品の数々は、どれも素晴らしくアーティスティックであり、見る者全ての心を魅了します。

モノによっては30分~1時間ほど費やす作品もあるそうですが、ほとんどが10分以内で仕上げた作品とのこと。

↑コチラがヘナペーストを乾かし、剥がした後の状態。本当に美しいですよね。

なお、Amyさんの作品は、完成後の作品だけではなく、ヘナが固まる前の状態もアートとして確立されています。では、ヘナペーストを塗り、乾かす間に撮影された、美しきヘナタトゥーの数々。ご覧下さい!

ちなみにヘナは、幸運の女神ラクシュミーが最も愛する植物と言われており、祭り事や、めでたいことがあると、インドの女性達は必ず、メヘンディを施すそうです。また、『メヘンディの色が濃く出る程花嫁は幸せになれる、嫁ぎ先で大切にされる』と信じられているそうですよ。

いかがでしたか?

コチラはヘナではなく、白のペーストを用いて描かれた作品。もはや完全にアートですよね。

あまりの美しさに『消えて欲しくない!』と、ほとんどのお客さんが口にするというAmyさんのヘナタトゥー。なお、彼女のインスタグラムにはまだまだたくさん、美しいヘナタトゥーがアップされていますので、興味を持った方は彼女のインスタグラム。覗いてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら