泡ハンドソープは便利

出典自己撮影

このタイプは電池を用いて自動で泡ハンドソープが出てくるタイプのものですが、液体のハンドソープに比べて手に馴染みやすいという意味でも、泡タイプはとても便利です。

出典自己撮影

このように手をかざすだけで自動感知して一定量の泡ハンドソープが出てきます。とりわけ手が汚れている時に、どこにも手を触れることなく使えるのでありがたい存在です。

問題は「使い捨て」

出典自己撮影

メリットがあれば当然デメリットもあります。このタイプの泡ハンドソープは空になったらカートリッジごと交換しなければなりません。つまり使い捨てです。ところがこのカートリッジタイプは普通の泡ハンドソープ詰替えタイプに比べると非常にコスパが悪いのです。

ハンドソープがここまで減ってくると、そろそろ予備の詰替えカートリッジを準備しなければならないのですが…うーん…そこで一計を案じてみました。

「このカートリッジに袋タイプの詰替えハンドソープを補充できないものか?と。

弁をどうするか

出典自己撮影

真ん中の凹んでいるところがハンドソープの出口部分(弁)です。ここから本体に流れていくのですが弁は一方通行。外側には出てきません。ただし内側へ押し込むことはできます。

ということは…弁を内側に固定できればもしかして!?

箸をブスッと!

出典自己撮影

身近なもので細めで頑丈な棒状のものということで、筆者は箸を選択してみました。箸を弁に斜めに突き刺してあげると弁が開いた状態で固定できます。ここに液体の詰替え泡ハンドソープをドボドボドボ…

ただしそんなに勢いよく入ってはいきませんし泡立ちますので、根気よく溢れない程度に少しずつ注いでいきます。

はい!この通り!

出典自己撮影

3枚目の写真と比較していただければ、しっかり増量できているのがお分かりになるかと思います。ほんの少しの手間をかけるだけで立派な節約術になりますよ。


もう少し楽になれば…

出典 http://www.amazon.co.jp

「節約になると言っても時間がかかるのは面倒だな…」と思われた方には、このソースディスペンサーがオススメになります。先端が弁よりも細いものであれば大丈夫でしょう。このディスペンサーに詰替えハンドソープを移しておけば簡単にカートリッジに注げます。これならば100円ショップでも購入できる可能性大です。

ハンドソープのような消耗品はできるだけ経済的に使いたいものですよね。

【あわせて読みたい?】

この記事を書いたユーザー

らいなぁ このユーザーの他の記事を見る

【facebook】https://www.facebook.com/LINER0905
【twitter】@LINER_ippuku
引きこもりの気分屋専業主夫時々物書き屋。ベイスターズ、プロレス、相撲、アニメ、水曜どうでしょう好き。

得意ジャンル
  • スポーツ
  • テレビ
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら