「老ける」のは実はまわりの人のせい?

自分の両親はずっと「お父さん」「お母さん」です。
いくつになっても「お父さん」「お母さん」で、
「おじいちゃん」「おばあちゃん」ではありません。
ですが、孫ができると「おじいちゃん」「おばあちゃん」と
呼ばれるようになったりしませんか?
孫からそう呼ばれるのは当然ですが、
孫以外、たとえばあなたまで「おじいちゃん」「おばあちゃん」と
呼ぶのはどう思いますか?
実はこれが、「老い」のスピードを早める原因です。
「おじいちゃん」「おばあちゃん」とまわりから言われることで、
いつの間にか、気持ちまでおじいちゃん、おばあちゃんになり
、本当にどんどん老いていきます。
言葉には力があり「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼ばれ続けることで、
それが「老い」へと働いてしまうからです。
だから、孫が「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼ぶのは年齢のことではなく、
家族の立場というふうに意識して、
あなたは「お父さん」「お母さん」と呼びましょう。
子供にわかりやすいように、
子供の前では「おじいちゃん」「おばあちゃん」と言ったとしても
、あなたが本人に呼びかけるときは必ず「お父さん」「お母さん」と
ちゃんとけじめをつけて呼びましょう。

例えば、学生服を着ていた時は初対面の子供に「お兄ちゃん」と呼ばれていたのが、
社会人になり背広を来たとたん
「おっちゃん」と呼ばれてショックを受けた経験はありませんか?
結婚した時は義母、義父から「Aさん」「Aちゃん」と呼ばれていたのに、
子供ができたとたん「ママ」と呼ばれるということがありますが、
これもあらためるようにしましょう。

知らない人の場合は、見た目やだいたいの年齢層で適当に呼ばれても仕方ないのですが、
身内や身近な人は、しっかりその人自身の立場になって、正しく、相手を呼びましょう。

この記事を書いたユーザー

まるた このユーザーの他の記事を見る

ペットボトルのドリンクが好きです。B級スポットに訪れるのも始めてみました。

得意ジャンル
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 暮らし
  • カルチャー
  • コラム

権利侵害申告はこちら