昨日2月3日は節分の日と言うことで「鬼は外、福は内」といいながら豆を巻いたり、南南東を向いて黙って巻きずしを食べた方も多いのではないでしょうか?
そんな節分ですが…。近年は節分離れが進んでいるという話題もちらほらと聞きますが…。

なんと26万円分の廃棄…。

ただ単純に仕入れすぎただけという可能性もありますが…。
いくらなんでも、多すぎる気がします。

なぜ、節分離れが…。

昨年のデーターですが…。節分をしない理由はというアンケート結果は…。

1(自分が)大人になってからは行っていない51.0%
2子どもが大きくなってからは行っていない37.1%
3片付け(掃除)が面倒臭いのでやらない24.5%
4集合住宅(マンション、団地、アパート等)なので9.9%
5一人暮らしになってから行っていない9.2%

出典 http://www.asahigroup-holdings.com

1.2.5位で選ばれたのは自らが大人になったり、子供が大人になったのでやらなくなった、もしくは大人になり一人で暮らすようになったからというものでした。

どうしても子供がやるものというイメージが強いのでしょうか?
私の実家では今でも母が一人で豆まきをしているようですし、今年は、義実家でみんなで巻きずしを作り私の実家に持って行きましたが…。
そういった家庭は少ないのかもしれません。

少子化問題…。

最近叫ばれる少子高齢化社会の影響は節分にも出てしまっているのかもしれません。
上記のように子供がいないとやらないという意見が多い中その子供が減ってしまって、高齢者ばかりになった結果やるのがめんどくさかったり、やりたくても中々出来ないという問題もあるのかもしれません。

核家族問題も…。

また、5位に入った一人暮らしになってから行っていないのように家族がバラバラになってしまっているので中々みんなでやるということも減ってしまっているのかもしれません。

そこに輪をかけて掃除がめんどくさかったり住環境の問題でやりにくくなってしまったなどの事情があるとわざわざ一人でやろうという気にはなりませんよね…。

それが冒頭の26万円分の恵方巻きの廃棄という現実となって表れてしまったのかもしれません。

日本の文化が消えていく

グローバル化が進む現在ハロウィンなど新しい文化が入ってくる一方で節分など日本古来の文化が消えていってしまっている気がします…。

昔であればどの家庭もやっていた正月飾りも最近はやらない家庭も多いようですし…。
日本の文化がグローバル化の中で消えていく…。ちょっと寂しい気がします。

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら