え!?それだけで分かっちゃうの??

皆さんは、うまいラーメン屋を食す前にどこで決めているだろうか?
ほぼだいたいの方は、雑誌や口コミなどの紹介記事で知ることだろう。しかし、「今日は寒いな〜、この辺にうまいラーメン屋さんないかな〜」と思う瞬間が必ず訪れているはず。この度、その簡単な見分け方が発覚したのでお知らせする。

その1:寸胴鍋を見ろ!

寸胴鍋、そう、ラーメンにとってスープは命。
その命のスープが生み出されるのが、寸胴鍋である。豚骨や鳥、野菜のクズや時にはフルーツなども入れ、長時間グツグツ煮込み、泡が吹いては、店によってはアク取り作業も欠かさないだろう。グツグツ、ブクブク、グツグツ、ブクブク・・・。

ん、あれ??????????

グツグツブクブクのはずの寸胴鍋がキレイ?あんなに泡を吹いていたのに、ピカピカだー。そう、ここが肝、命のスープを作る寸胴鍋は普通は縁は汚い!なぜなら大量の泡が噴き出し、そこまで吹き出すまでダシの一滴まで搾り取るのが普通。キレイな鍋は、多分、その店でスープを作っていない。他店から買っているのであるだから温めるだけだからキレイなままなのだ。

店に入ったらまずは寸胴鍋を見よ!

その2:店員の靴を見ろ!

日夜問わず、客がなだれ込み、フットワークも必要になるラーメン店。
やはり、その軽快なフットワークを生み出すのは、ハイテクスニーカーだ!

って、おいおい!!!!!!!!!

通常、ラーメン店はスープを作る際に大量の豚骨など油物を扱う。だから、普通に考えて床って油まみれのツルツルでしょう?そんなオシャレスニーカーだと滑っちゃうよ。
そう、これもスープ作ってないのである。ラーメン屋なら不恰好でも、ゴム長靴!だって滑って危険が一杯だからね。

その3:塩ラーメンー。

このお店って塩ラーメンが有名なんだよね。塩は嘘つけないし、通は塩でしょう!
では、オーダー!「あのーすいません、ここの塩って何使われてるんですか?」
「(店員)・・・・・・・・確認してきますね」

おいおいおい、、、、、、、

なんで売りのラーメンの塩がすぐに答えられない?売りでしょう売り。百歩譲って、フロア専門の子だったとしても、これだけ塩ラーメンが売りなら、消費するので毎日大量の塩が届いています。ダンボールの側面ぐらい目につくでしょ??

と他にもまだまだありますが、これが入店1分以内でわかる見分け方です。
最近、寒いですので、良い美味しいラーメンと出会ってくださいね。

この記事を書いたユーザー

yuuy このユーザーの他の記事を見る

やばたん動画好きです。
おすすめ、厳選、かるーく見れる動画をご紹介!
みなさんに少しでも潤いを提供いたします。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 広告
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス