朝起きて、いつものようにツイッターのTLチェックをしておりましたら、「なんJに降臨した“覚せい剤の危険性を説く人物”の説明がマジで分かりやすい」との情報を得ましたのでご紹介させていただきます。

「なんJ」なるものが何なのかはよく分りませんが…

◎なんJに寄せられた書き込み

覚せい剤がやめれない件でマジレスすると 脳内麻薬の原産がドパミンなんやけど、これを黒質ってとこで生産するんやね このドパミンがアドレナリンとか興奮とか快楽を司るホルモンに変化していくんやけど 覚せい剤はドパミンに似せた構成になっとるのよ、んでめっちゃ気持ちよくなったりするんやね

出典 http://www.mudainodocument.com

つまり、

覚醒剤≒ドパミン

ということですね。

そうするとな、黒質が「お?俺必要ないんじゃね?」っていってドパミンを出さなくなるのね 変性、簡単にいうと壊死、死んでしまうわけな、脳みそって一度死ぬと再生しないのね

出典 http://www.mudainodocument.com

黒質がドパミンの生産をやめると

脳が壊死

するということですね。そして

脳みそは一度死ぬと再生しない

というのですね。

そうなってしまうともうクスリなしじゃ生きられない、クスリ打ってないとなにしても気持ちよくない クスリを打つと更にドパミンが出なくなる、クスリを止めようとしてもドパミンでないとなにも楽しくないからクスリを使う の無限ループ

出典 http://www.mudainodocument.com

ドパミンが出ないということは

ドパミンの代わりに覚醒剤を投与し続けないと生きていけないということですね。正しく

悪循環のスパイラルですね

最終的にドパミンが出なくなる、ドパミンはアセチルコリンっていう体を動かす神経伝達物質にもなるから体も動かなくなる 涎だらだらの廃人の出来上がり、クスリやったら終わりってのはこういうこと 一度だけでも手出したら終わり、ダメ、絶対。

出典 http://www.mudainodocument.com

以前

「覚醒剤やまめすか?それとも人間やめますか?」

というキャッチフレーズがありましたが、大袈裟ではないことが分りました。

非常に分りやすい説明でした。

いままで、覚醒剤に対する危険性というのはなんとなく理解は出来ていましたが、あくまでも「なんとなく」という感覚でしかなかったように思えます。

◎ドーパミンとは?

ドーパミン(英: dopamine)は、中枢神経系に存在する神経伝達物質で、アドレナリン、ノルアドレナリンの前駆体でもある。運動調節、ホルモン調節、快の感情、意欲、学習などに関わる。セロトニン、ノルアドレナリン、アドレナリン、ヒスタミン、ドーパミンを総称してモノアミン神経伝達物質と呼ぶ。またドーパミンは、ノルアドレナリン、アドレナリンと共にカテコール基をもつためカテコールアミンとも総称される。医学・医療分野では日本語表記をドパミンとしている[1]。
統合失調症の陽性症状(幻覚・妄想など)は基底核や中脳辺縁系ニューロンのドーパミン過剰によって生じるという仮説がある。この仮説に基づき薬物療法で一定の成果を収めてきているが、一方で陰性症状には効果が無く、根本的病因としては仮説の域を出ていない。覚醒剤はドーパミン作動性に作用するため、中毒症状は統合失調症に類似する。強迫性障害、トゥレット障害、注意欠陥多動性障害 (ADHD) においてもドーパミン機能の異常が示唆されている。

出典 https://ja.wikipedia.org

◎黒質とは?

黒質(こくしつ substantia nigra = ラテン語で「黒い物質」の意)は中脳の一部を占める神経核である。黒質は、緻密部と、網様部(および外側部)とによって、大きく二群に大別されるが、いずれも大脳基底核を構成する中心的な要素である。

出典 https://ja.wikipedia.org

◎アドレナリンとは?

アドレナリン(adrenaline、英名:アドレナリン、米名:エピネフリン、IUPAC組織名:4-[1-ヒドロキシ-2-(メチルアミノ)エチル]ベンゼン-1,2-ジオール)は、副腎髄質より分泌されるホルモンであり、また、神経節や脳神経系における神経伝達物質でもある。分子式はC9H13NO3。ストレス反応の中心的役割を果たし、血中に放出されると心拍数や血圧を上げ、瞳孔を開きブドウ糖の血中濃度(血糖値)を上げる作用などがある。

出典 https://ja.wikipedia.org

◎アセチルコリンとは?

アセチルコリン(Acetylcholine,ACh)は神経伝達物質である。副交感神経や運動神経の末端から放出され、神経刺激を伝える。コリンの酢酸エステル化合物。示性式は CH3COO(CH2)2N+(CH3)3。

出典 https://ja.wikipedia.org

◎この説明にたいするネットでの反応は?

脳がやられたら気持ちで我慢するの無理そう 脳からの命令で覚醒剤射つのだな

出典 http://www.mudainodocument.com

中学校の保健ででこういうこと教えればええのに

出典 http://www.mudainodocument.com

同学年のやつでやたら活動的なやつがいたけど夏休み明けに講義に来なくなってどうしたのかと思ったら薬中で廃人になってたんやと あの活動的なのは薬のせいでだったらしいけどイッチが言うように頭が壊れたんやな もう薬のんでもうごけなくてよだれダラダラで本人は身体中痛くて苦しくて死にたいけど意欲が起きなくて死んだみたいになってたんやって 快感がないと頭のなかも回りも皆苦痛や暗い感情で一杯になるらしい 早めに見つかったやけど他にも手を出してたらしくて骨もスカスカ 最後は療養施設で頭の骨が自然に砕けて死んだんやて

出典 http://www.mudainodocument.com

あと学校の講習会で講師が話したシンナーや覚醒剤にはまった後に校正して結婚した夫婦の話が悲惨やったで 校正して何年も過ぎて薬無しでも幸せに生きてたのに奥さんの骨がボロボロで軽く転んだ拍子に脳挫傷で死んだんや お腹の赤ちゃんも終わり 火葬しても骨すら残らなくて骨壺には燃えかすを少し入れただけやったと 旦那さんは今も後悔して生きててこの話を他の人にも話して自分達みたいに道を踏み外さないようにしてほしいって講師に話したんやと

出典 http://www.mudainodocument.com

壮絶な書き込みも多くありましたね。

書き込みの中にもありましたが、覚醒剤の恐ろしさは小学校の保健体育やらの授業で、分りやすく刷り込んだほうがいいように思えます。

「覚醒剤やめますか?それとも人間やめますか?」

この言葉に嘘偽りはありませんね。ですがどちらかというと

「一度覚醒剤やると、もがき苦しみながら死ぬことになるよ」

というほうがしっくりくるように思います。

この記事を書いたユーザー

アカンな~同好会 このユーザーの他の記事を見る

ツイッター
https://twitter.com/jose1106
アカンな~同好会【ラーメン編】
http://ameblo.jp/jose-r-b/

宜しくお願い申しあげます

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら