物を捨ててすっきり!! 断捨離がブームになるほど現代人は物に埋もれてるのでしょう。
断捨離するぞ!と意気込むほどの物はなくても、不要なものは自然発生してしまいます。

そんな時はリサイクルのお店に行く!と言う人も多いと思うのですが、
お店が遠いと面倒に思えますし、運ぶのも面倒に感じることもあるでしょう。

そんな時はどうする??

使えるものは捨てにくい

捨てにくいものは必要に感じているであろう人に使っていただけばOK。

子供の衣類 まだ綺麗だし 捨てるのはちょっと・・・
頂き物だけど、同じ物や似たものを持っているし・・・

色々な事情で「捨てるにはちょっと」というものは多いです。
周りの人に
「使ってくれる人が居たら嬉しいんだけど・・・」って
声をかけてみるのはどうでしょうか?


特に子供関連のものは「サイズアウトで使えないけど、物はほぼ新品です。」なんて物も多いのです。

交換や無償提供なら公共の施設でも開催可能

自宅に招いてもって帰って貰うのも手ですが、同じような状態の人が多数居るならば施設を借りて「無償提供」または「交換会」を開催するのもおススメ。

公共施設は営利目的での使用が出来ない場所も多く市民でないと使えない施設も有りますので詳細は施設に問い合わせてみましょう。

お金が発生しないので声をかけやすいですし、参加する人も自分が不要な物を他の人が使ってくれて、自分が今必要な物が手に入るかもしれない!となると嬉しいですよね。

自治体でも開催されています。

使わない物は使う人に!最後まで使い切りたいですね。

この記事を書いたユーザー

めぐ このユーザーの他の記事を見る

現在は専業主婦してます。

得意ジャンル
  • 育児
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス