足のむくみをとるには

グレープシードオイル30㏄精油 数滴(グレープフルーツ、ジュニパー、ゼラニウムなどを1種類)

マッサージは体が温まっている状況のほうがよくて、風呂上りがいいでしょう。

そしてオイルのべたつきが気になってるなら、ストレッチをし体を動かした後に。

知っての通り、足の付け根、ひざ裏はリンパ節があって、これを刺激すれば老廃物の流れがスムーズ。軽くゆすったり揉む動作を30秒しましょう。

食用にも販売されているグレープシードオイルを30㏄に精油を数滴たらし、1滴でもいいですが、香りを楽しみたければ2,3滴。足首から太ももまでなじませましょう。

撫で上げることがポイント。

中指をたてげんこつを作って、両手で足首から撫でるようクルクルマッサージを。

ひざ裏で一回中指を押し込み、太ももを同様にマッサージ。

最後に足の付け根に中指を押し込んで1ターン完了。これを3ターンほど。

エナジードリンクと栄養ドリンクの違いとは

エナジードリンクは分類的に清涼飲料水です。

そして医薬部外品は滋養強壮や虚弱体質の改善や栄養補給が目的のものといった分類があって、栄養ドリンクはその中に入ります。

そして効能は滋養強壮、栄養補給など表示することが可能。

その一方でエナジードリンクは清涼飲料水なので、そうした表示ができません。

キャッチコピーも薬事法を踏まえたうえで行ってます。

タウリンは、牡蠣など貝類、イカやタコなどに含まれている成分であり、身体や細胞をよい状況に戻そうとするホメオスタシスといった作用があります。

肝機能を高められる効果では、肝臓の中性脂肪をとる、アルコール分解を早めて肝臓へ負担を軽くしてくれる、胆汁酸分泌を促して、コレステロールの排出を助けるなど。

そして、筋肉の収縮力を強めてくれる作用もあって、心臓の動きも高まって体のむくみ、動悸、息ぎれ改善をしてくれます。

そして、摂取量ですが、人により差があり、最低1日500㎎です。

日本の栄養ドリンクのシェア半分近くを占めている有名ドリンクにはタウリン1000㎎も配合されてますから、十分な量をとれます。

タウリンは必要以上にとっても、副作用もなくて、体外排出されます。

ナイアシンですがニコチン酸、ニコチン酸アミドの総称であり、水溶性ビタミンの1つ。

糖質、脂質、たんぱく質の代謝を促してくれ、健康維持に役立てられます。

ほかにはアルコール分解する酵素、アセトアルデヒドを分解してくれる酵素を活性化してくれる効果も。

必要摂取量ですが、成人男性は15㎎NE 女性なら11㎎NE

ビタミンB2はエネルギー代謝、皮膚、各器官の粘膜を正常に保ってくれる効果があり、ナイアシンの生成にも必要になってきます。

摂取量ですが、成人男性は1.2㎎で、女性なら1.0㎎。そして1000キロカロリー摂取エネルギーごとに0.4㎎必要になります。

ビタミンB6はたんぱく質をアミノ酸分解する酵素、アミノ酸を別のアミノ酸に変えてくれる酵素の働きを助けます。

そして、神経細胞の興奮を抑えられる効果も。摂取量は成人の男性1.4ミリグラム、女性は1.1㎎。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら