生のとうもろこしを3分レンチンすればポップコーンになると言う不思議な動画が、動画サイト YouTubeで投稿され、物議を醸しています。

Twitterでも拡散され続けて、これ本当なんでしょうか?と疑問視する声が高まっています。

問題の動画がコチラ

出典 YouTube

生のとうもろこしをバターたっぷり塗ってレンジでチンしてます。ポップコーン膨らんでがはじけてるシーンは映像で確認することが出来ませんでした。

動画をみると、スイートコーンのように見えますね。

あれだけバターをたっぷり塗っていると、レンジで加熱したら庫内は大惨事になりそうですね。

普通のトウモロコシでポップコーンはできないの?

Licensed by gettyimages ®

ポップコーンに使用するトウモロコシは「爆裂種」と呼ばれる種類のトウモロコシを使用し、また、生ではなくて干した物を使います。「普通のトウモロコシ」は「甘味種」(スイートコーン)で、粒の中の澱粉と水分量の構成が爆裂種とは異なるため、うまく膨張しません。

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

ポップコーンに使われてる、とうもろこしは通常の食用に使うものとは別の品種なんです。

爆裂種は粒の皮が非常に硬いのが特徴。乾燥させることで硬くなるのですが、他の種類のとうもろこしの粒は乾燥させても、ポップコーンほど硬くならないので、お菓子のポップコーンにはなりません。硬い粒を加熱することで、粒の中の水分が水蒸気となり膨張し、皮が圧力に耐え切れず程よい具合に皮が破れて完成します。

出典 http://www.toumorokoshi.net

芯のついたトウモロコシは専用のポップコーンがある

出典 http://openers.jp

英国生まれのポップコーンブランド「ZaraMamaS(ザラママス)」の「ポップアコブ」商品がレンジでチンして膨らみます。ベビーホワイト、ゴールデンバター、リッチルビーレッド、ミッドナイトブルーの4種類です。

出典 http://isuta.jp

価格は1本1080円。90グラム(2~3人分)です。付属の袋に入れて、レンジでチン。

出典 http://entabe.jp

ポップアコブはノンオイルで火も使わず、後片づけもラクです。

出典 https://twitter.com

棒状の爆裂種は直売所などで販売されてることもあるんです。

いかがでしたか?動画をみると普通の品種の生の物に見えます。生のとうもろこしだとしたら皮つきのままレンジで温めて茹でることは出来ても、ポップコーンはできませんのでご注意ください。

この記事を書いたユーザー

☆ラララ☆ このユーザーの他の記事を見る

Spotlightプラチナ公式ライターの☆ラララ☆です。しまむらやプチプラの記事を中心に執筆してます。Twitter、Facebookでのシェア大歓迎!!拡散お願いします♪
インスタグラム  https://www.instagram.com/lalalala921/

得意ジャンル
  • インテリア
  • 話題
  • インターネット
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • エンタメ
  • ファッション
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス