賛否両論花盛り

アメリカでトランプ氏の初戦は敗北だった!

・・・でも、あの、いわゆる社会良識やすべての人々への温かい配慮などという
人の上に立つ人格として普通に求められる正当性や公平性などで大きく傾いた
無茶苦茶を散々言いまくって、ここまで登ってきたのに驚きを隠せない人が
多いと思う

あの人気は?
ズバズバとストレートに毒を吐きまくっても、その本意を優しく受け取る
人々が多いということだ。むしろ卒のない反感を買わない差別や不公平のない
建前ばかりを人前で話し裏で黒い駆け引きをする面々ばかりに嫌気が差してる
社会に登場したヒーローとしての期待を集めてるのだと思う

今回の曽野綾子氏のコラムも、これほど湧き上がるのは人々が気になるところを
突いた証拠でハチの巣がヒートUPしているようにも思う

最近の交通事故は認知症老人の無謀運転が多くの人々の目についている
死者が続出だし、想定できない運転で事故を起こしている
・・・といって老人から免許所を取り上げろ~といえば曽野綾子になってしまう
が政治や行政だけの問題でなく老人に自覚を促すことも大事なのではと思う

今に始まったことじゃないが病院に行けば、どこでも老人会花盛り
言葉巧みに老人を薬漬けにして費用は医療保険で賄う、政治と病院だけが
大儲け・・・支払いは国民の税金~どうにかしなければ、もはや政治に
任せておけない時期に来てるが社会にその意識が低すぎる。そして薬漬けで
胃に管を通され植物人間のようにベットに横たわる人生の末路を望みますか?
人間としての尊厳をそろそろ考える時に来てませんか・・・と老齢者に自覚を
求めるのも大事ではないかと思う

介護制度や介護医療というのはまじかに迫る大きな社会問題・・・
だけど、その実態を知る人は社会に殆どいない~作家としての曽野綾子氏を
あまり知らないが言葉の破廉恥さにとらわれず、あえて吐き出された毒を
薬に変える知恵がネットに誕生できると素晴らしいことだと思う

この記事を書いたユーザー

photo21essay このユーザーの他の記事を見る

photo essayist Show 写真家です
お出かけスポットの紹介など新しいライフスタイルの提案などを
行います。<想いを残す>写真の楽しみ方なども併せてご紹介できればと思います

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • 恋愛
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 広告
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス