現実か都市伝説なのか、「バナナ恥ずかしくて食べられない〜」という女子がいるそうで、お笑い芸人・千原ジュニアに嬉しそうにしゃべるケンドーコバヤシも記憶に新しいのではないでしょうか。バナナ食べられない女子の生態と、「恵方巻き女子」になれる理由を調査しました。

バナナ食べられない女子

「バナナが食べられない」という女子は「バナナを食べる」ということが恥ずかしいのではなく、「大口を開ける」ということに抵抗があるようなんです。「男子が考えるような、変な意味ではないよ」とのことです。

会社でジャンボフランク食べる女子

一方で、コンビニで売られている「ジャンボフランク」を食べる女子がいるそうですが、あまり男性のことを意識しているわけではないというのが本当のところです。「アピールのため」という何のアピールだよ女子もいるかもしれません。

恵方巻き女子になれる理油

本来は「3日に食べる」「恵方を向いて食べる」「無言で食べる」という3つの条件が必要となる恵方巻き。「縁を切る」という意味合いを持つことから、太巻きを切らないという風習もあるのですが、最近では「食べずらい」という理由から、切ってしまう方も多いようです。

恵方巻きパーティー化…

最近の「恵方巻き」はパーティー化が進んでおり、本来の意味を離れて「巻物」を楽しむ日としている方が多いようです。また、3日にこだわらずに前後日にする方もみられます。彼氏・彼女と巻物を作って楽しむということも行われているようです。

いかがでしたか。長いものを大口を開けて食べられないという方は、恵方巻きを切って楽しむという方法も良いかもしれませんね。風習や本来の意味を理解した上で行えるとよいかもしれませんね。

参考になった!という方はぜひシェアしてくださいね!

この記事を書いたユーザー

sumalu このユーザーの他の記事を見る

東京在住のグルメライター。ツイッター(@Yoshida_Sumalu)もフォローをお願いします!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 広告
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら