ロングセラー知育菓子「ねるねるねるね」という商品を知っていますか?今回ねるねるねるねがアイスとなって登場する様です。いったいどのようなアイスなのか詳細をまとめました。

ねるねるねるねアイスとは

ロングセラー知育菓子のねるねるねるねzzz今年発売30周年ということも有り、
アイスへと展開してきた商品です。

練ればねるほど味が変わる

ブドウ味は「いちご味」「りんご味」「ソーダ味」、メロン味は「バニラ味」「レモン味」「ソーダ味」の3つの味のアイスに分かれている。それらを合わせて練ると色が変わり、それぞれの味に変化していく。

出典 http://ascii.jp

ブドウ味とメロン味のパッケージで販売されていますが、中には3種類の違った味のアイスがあり、そのアイスを混ぜ合わせることでパッケージの味に変化する様です。

トッピングで違う食感も楽しめる

ブドウ味には「カラフルラムネ」、メロン味には「はじけるキャンディ」をトッピングしている。

出典 http://ascii.jp

ブドウ味にはラムネ、メロン味にはキャンディがトッピングで入っています。

混ぜれば伸びるアイス

子供心を掴む混ぜることで長く伸びるタイプアイスを使用しているのでより子供が楽しめるようになっています。

合成着色料不使用

ねるねるねるねシリーズの伝統にのっとり、合成着色料、保存料を使用していない

出典 http://ascii.jp

ねるねるねるね伝統のこだわりとして合成着色料や保存料を一切使用しないで作られているので、比較的安全に食べることができるアイスになっているようです。

発売日と販売価格

発売予定日は2月29日から発売となっています。希望小売価格は130円を予定しているようです。

ねるねるねるねアイスの反応

多くの人が幼少期にねるねるねるねを楽しんでいたようです。そんな人は新商品のアイスが発売になることを知り、味よりも楽しみたいというような感じで購入してしまうようです。正直私も1度は食べてみたいと思っています。

この記事を書いたユーザー

ぴか このユーザーの他の記事を見る

静岡生まれ、大学は北海道、その反動で定職にもつかず卒業後は沖縄にて、半年ほどチャリダーをして島々をまわり、東京でお金をためてインドで3ヶ月バックパッカーに、日本に戻ってからは大阪で生活していたが結婚を期に実家の静岡で農業をやるも、考える所があり現在は再び沖縄で生活中の2児の父親です。

得意ジャンル
  • ゲーム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス