寒い季節、温かいココアが飲みたくなりますよね。

以前インフルエンザ予防になることは筆者の記事でお伝えしました。

ホットできてインフルエンザの予防もしてくれるなんて、それだけでもオイシイ飲み物ですね。

さらに今回、ピロリ菌の殺菌予防まであることが森永製菓の最近の研究でわかりました。

ピロリ菌って…なんだっけ?

みなさん一度は耳にしたことのある名前かと思いますが、そもそもどんな菌なのでしょう?

急性胃炎・慢性胃炎、十二指腸潰瘍の原因のひとつであり、胃がんとの関連性もあるちょっと恐ろしい菌なのです。
ピロリ菌の感染経路は主に汚染された水とされており、上下水道が完備していなかった時代に感染が広がりました。
そのため40代以上では日本人の約60%が感染しているようです。

また大人の胃から上がった菌が子どもに感染することがまれにあるかもしれないので、親子で箸を共有するのはやめたほうがいいかもしれません。

ピロリ菌を退治!

ピロリ菌に感染しているかどうかは検査を受けないとわかりません。

・「迅速ウレアーゼ試験」…ピロリ菌が有するウレアーゼ活性を利用して、
発生した尿素を測定して調べる
・「鏡検法」…採取した胃の粘膜を染色し、顕微鏡でピロリ菌を探す
・「培養法」…採取した胃の粘膜を培養してピロリ菌を見つける
・「抗体測定」…ピロリ菌に対する抗体があるか血液や尿の検査から調べる
・「尿素呼気試験」…診断薬を服用する前後の呼気を集めてピロリ菌を見つける
・「糞便中抗原測定」…糞便中からピロリ菌の抗原を見つける

出典 http://www.healthcare.omron.co.jp

以上の検査で陽性ということになれば次は除菌です。

除菌は2種類ほどのお薬でピロリ菌を退治することになります。

ココアの効果はいかに?

1)ココア熱水抽出液はピロリ菌が胃上皮細胞への付着(ピロリ菌の胃内感染の最初のステップ)を抑制した。
2)ココア熱水抽出液はピロリ菌の増殖抑制効果を示した。
3)ココアはピロリ菌が無菌マウスの胃内に感染、定着することを抑制した。
4)ココアに含まれるピロリ菌殺菌効果を有する主な成分は、不飽和遊離脂肪酸であった。
5)ピロリ菌除菌治療時にココアを飲用することで除菌効果を高める傾向があったが統計的な有意差は認められなかった。
6)ピロリ菌を保菌している健常人がココアを飲用することで、菌数を減少させる傾向があったが統計的な有意差は認められなかった。
7)ピロリ菌の抗生物質耐性菌が問題となっているが、ココアは抗生物質耐性菌に対しても高い殺菌効果を有していた。

出典 http://www.morinaga.co.jp

森永製菓発表のココアレポートをざっくりまとめると、ココアを飲むことでピロリ菌の増殖を抑え、また感染を防ぐ効果があるとのこと。

抗生物質の効かない耐性菌にも効果があるということです。

寒い冬だけでなく夏も飲みたいですね。

この記事を書いたユーザー

ゆいた このユーザーの他の記事を見る

身近で気になることを話題にできたらと思います。

得意ジャンル
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら