海外旅行時の両替

両替は国内外でも可能で、必要に応じた両替をする必要が、今国内だと銀行の両替が可能。現金持ち込み両替が一般的ですが、レートは少し高めあるいは手数料が発生。

大手銀行はドル以外も両替できるのですが、年、地方銀行は決められた額や、両替できないことも。

空港でも両替可能ですが、レートは銀行より高いことが多くて、国内でするより到着先でやってみたほうがレートがよいです。はじめ国外に出たとき移動などで細かい日腸が必要。

一概に言えないですが、銀行で少量の額だけでも両替するか、空港で5000円程度両替し、現地の通貨を持ち歩くことがいいでしょう。

そしてまとまった額はどこで両替するといいのか。現地が観光地なら必ずあるのが両替所。

レートは異なってますが、空港や銀行に比べればレートはとてもいいです。

一般的に観光地なら目につくところに両替所があって、1つのみで行っているところは少なくて、その周辺胃みつかりにくいところのほうがレートがいいことが多くなってますが、危険なところもあって、人通りを確認。

そして、地下鉄構内、駅近にあったりします。

両替のコツですが、レート表記がある店が安全で、銀行系の外貨両替所は、手数料がかかったりします。

少額ではないですが、5万円以上で手数料がかかったり。場所によってはパスポートが必要になったり。

レシートを出さないところなら、交換しないように。

両替の額に応じ交換場所を選んでください。
1万以下>>空港や大手銀行
10万以下>>国外銀行、外貨交換所
100万以下>>大手、国外銀行
1000万以下>>現金で交換は勧められません

余談ですが、100万こえれば一部銀行で両替できないことがあって、円からドルに一回交換して、ドルから現地通貨の交換を。

地方銀行窓口の預入について

普段の預入、引き出しはATMを利用する方がほとんどでしょうが、高額なら預入でも上限額が決まっていたり。

そうした時窓口利用になるのですが、意外に知られてない銀行での預入を紹介。

ATM預入金額上限は、銀行により違っていて、私のときは、地元の地方銀行で、上限額50万。それを超える額の預入でしたから、窓口を利用。

銀行の受付カードをとっていると預入表に記入して届け印でハンコを押し順番を待ちます。

自分のばんが来ると窓口で預入手続となりますが、私のときは高額だったからか、身分証明書提示を求められました。

預入で身分証明書を要求されるとは思ってなく用意がなくて、健康保険証をたまに持っていてそれを出したのです。

銀行により違いますが、預入でも身分証明書が必要な時もあり、念のため用意してください。

さらに通帳が自治会の会長名義のもので私はその年の会計担当で、会計の仕事で預入に来ましたが、通帳名義人と身分証が全く違う名で、事情を窓口へ説明しなくてはいけなかったのです。

高額預入なら、通帳名義人が直接手続きに来た方が面倒がありません。

銀行側の手続き、金額確認が行われるまで待ち、手続き終了した時点で再度呼ばれるのですが、このとき自分の口座に預入するときでも手数料がかかったりします。

振替による振り込みなら、手数料がかからないことがほとんどなのですが、現金の預入は手数料がかかったりすることが多く、事前に確認を。

手数料がかかると思ってなく、慌てて自分の財布から出し領収書を切ってもらったのです。

通帳、印鑑があると預入は簡単にできると思ってましたが、実際行くと意外と注意することが多かったです。

名義人本人出なかったからかもしれないですが、身分証明書で提示した私の健康保険証は目で確認以外に、コピーも取られてました。

銀行に行ったのですが手続きができなかったといったことにならないよう最低でも身分証は持参して行ってください。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら