FXと銀行をわけて両替手数料を安く

海外に行くとき、事前に通貨を両替して行くかたがほとんど。ですが、国内で両替するときは必ず取られてしまうのが手数料なのです。

行くだけでかなりお金がかかる海外。こうしたところであまりお金は使いたくないもの。

銀行で両替するときにかかる手数料はだいたい1ドル2~3円。1ユーロであれば、2011年に両替しようとしたら4円ぐらいかかりました。

そしてたまに手数料無料として電光掲示板に出ている取引価格で売買することがありますが、それは電光掲示板の表示が手数料含むの表示であり、決して手数料0円ではありません。

銀行で両替するときは、自分で各銀行両替レートを確認。これは同じ時期両替するにしても銀行によりレートが違ったりするから。

そして、その他の期間で両替するときのテル卯要は、銀行より安く設定していることが多く、オンライン申込みなど、支店で直接売買する以外の方法でかってみると手数料が安いことが多いです。

銀行や外貨取引所、それ以外に別の方法が。それが私がおすすめするfx会社を使うこと。

ここで両替するということはFX会社で外貨を買い、それを国内の自分の銀行に送金。そこから外貨出金するといったこと。

売るときは逆の流れに。

手数料はだいたい1ドル20~40銭。銀行に比べてみればとても格安で両替可能。

ですが1つ問題があるとすると、手順を読み気がついたでしょうが、少し面倒くさいこと。

注意として、FX会社の久佐を持ってなくてはいけない。

直接取引できないので、国内銀行を介さないといけない。その時外貨出金手数料がとられる。

出金時手数料がとられてしまいます。

そして、FXはどういった時使うのが飯野でしょう。

それは10万円単位で両替するとき、両替価格が10万円近くになれば銀行での手数料は6000~7000円ぐらい取られるのですが、外貨出金なら、手数料200~3000円程度で済みます。

ですので、短期旅行に不向きともいえるのです。

そして沢山お金を使ったり、少し長い旅行ならお得です。

銀行や外貨取引所で両替する方が、短期旅行に向いていますが、銀行のほうが手数料2~3円ほど高いです。

長期なら、FX会社を通し両替がいいでしょう。

結局手数料0円、外貨両替可能なところは現状ないです。やはりかならず余計なお金がかかるもの。

ですので、どれぐらいお金を使うかといったことをよく考え、それぞれ合った方法で両替を。

不便な財形貯蓄とうまく付き合う方法

勤務先で財形貯蓄をしていた時した内容確認方法、そのコツについて。

すべての手続きは会社と通じ行われて、コンビニatmで簡単に預金を引き落とせる時代ですが、書類を会社に提出し、会社から金融機関に書類郵送して、金融機関に届いた日から4営業日後契約者の口座にふりこまれるのが財形の世界。

契約者と金融機関の直接のやり取りはなく、会社が間に入って契約、払い出し、残高確認などすべての手続きをします。

一般財形は3年以上継続し、積み立てる財形で、最初に預入カラン1年間は払い戻しができません。

年金財形は老後生活資金の準備を目的にした財形。

住宅財形は住宅購入などの資金準備目的の財形。

会社を通じ手続きを行いますが、私が会社で財形をしてとても面倒に思ったのがこれです。

会社で書類手続きをしていて、貴重な休憩時間を使い、遠くはなれた総務課に行くと担当者が不在で手続きできない、証明書を発行してもらうだけで2~3日要すことは当たり前、数日後呼び出されて提出書類に訂正印を求められるようなことは茶飯事です

そこで、まずこのストレスを和らげるにはどうすればいいかコツがあります。

契約時契約者控えを受け取ってますから、実はそれで確認可能。そしてまず自宅を探してください。

みつからなければ会社控えが会社に保管されてますから、担当し部署で確認を。

既に本人控えを紛失していれば、担当者に自宅で契約日など内容を家訓するためと伝えて、会社控えのコピーを取らせてもらってください。

残高確認ですが、利用者には毎月通知されないですが、会社は毎月必ず通知されています。

これは担当部署に他ずれてみれば確認可能。

休憩時間いわざわざ行くことはちょっとと言ったことがあれば内線電話を利用してください。

担当者さえだれかわかっていれば気軽に確認可能。財形の不便さ、その解消法がわかってもらえたと思います。

ですが、その不便さが払い出したくなる衝動から利用者を遠ざけて、計画的貯蓄を成功させる要素になっていることも事実。

不便な財形残高は、放置すれば割り切ることで大きな貯蓄へ育ってくれたりします。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス