貯蓄のコツ

お金をためるために目標を明確に。結婚資金だと挙式の時までに必要額を作らねばなりません。子供の学費も年度が決まっており、老後の生活資金ならサラリーマンの家庭なら主に収入中心になっている方の定年退職までが期限。

その年までの年数で必要な額の総額を割ると、1年にいくら貯蓄したらいいかわかり、1年の金額が決まれば1か月いくら貯蓄すればいいかさらに1日の目標が割り出されるのです。

ここまで割り出せば、自分に無理と思ってしまうかもしれないですが、漠然と貯蓄しなければと思っても、どれぐらいしなければならないかはっきりした数字が出なければ、拍車がかかり、いつかすればいいと流されるのです。

今から月どれぐらい貯蓄すればいいかを知ることによってやる気を起こせます。

会社勤めのサラリーマン家庭の溶き収入額は大きく変わらず、絶役が一番に思い付く手段ですが、生活費の残りを貯蓄に回すことになればなかなか残らないでしょう。

子供が小さいころ、主婦が働きに出るということ難しいです。

とても簡単な方法は会社の社内預金。給料からの天引きで貯蓄可能でものぐさでも特別な行動は必要なく、毎月貯金のため銀行に出かけることもなく、気軽に行えます。

社内預金を使えない方も使っている金融機関の定期預金を利用してください。

家計簿などつけてない方は、いくら天引きしたらいい変わらないでしょう。私は家計簿は書きたくありません。

私はレシートをすべて保存し、お店別の合計額と銀行からの引き落としと合わせ1か月に何にどれぐらい使っているのか確認、そこから節約、無駄を省けないか探してました。

光熱費で電機は電機会社のホームページで節電の方法がかかれてますから、活用し節約。

ガス代も家族一緒に風呂に貼って節約。
そして、買い物は必要な物の数と飼っている数がつり合い取れているか調査。

物によっては質が落ちても値段が安い方を購入。こうしてひと月1万円を毎月天引き貯蓄に回すことができたのです。

天引き額は特に会社から指定されてないですから、自由に設定。金額変更も自由。

絶対貯蓄に回しても困らない額からやってください。

例えば、1000円ぐらい貯金できると思えば1000円から5000円が貯金できると思ったら、5000円から始めます。

いきなり、ムリして大きい額を天引きされてしまえば、生活が苦しくなったり、やる気をなくす、

毎月足りなく借金でもしたら貯蓄より金利が高いのでマイナスが増えますので、本末転倒。もうちょっと頑張れると思えばすこし金額を徐々にひきあげて行けばいいのです。

社内貯蓄がなければ給料振込がされる銀行、ゆうちょで積立貯金を口座から引き落とすことをすすめます。

3年で1000万。一戸建て購入資金のためかた

貯蓄するには辛抱強さ、我慢も大事。

ですが目標を持ち貯蓄すれば以外にためることが可能。

私の経験です。結婚式を挙げたところでしたから主人は貯蓄0、私は貯蓄500万も合ってました。一戸建てを持つのが夢。その夢の実現に必要な頭金で、1500万は必要といった結論に。

ですから実質1000万円が貯蓄目標額。

3年後に家を持つつもりでいて、その理由は当時住んでいたマンションが傾料家賃でしたから、3年後にローン額と変わらない家賃になることがわかっていました。

傾料家賃は、毎年徐々に家賃額が低額で症状していくもの。私のとき1年目は9万、4年目以降12万近くになる予定。駐車場代など入れれば15万こえそう。

ひと月の主な収支ですが、共働きで給料 40万(2人合算)ボーナス80万(2人合算)支出家賃9万。駐車場17万。食費2万、生保1万、水道光熱費1.2万 通信費0.3万 日用雑貨0.5万 衣服代1万 小遣い1万退職後給料25万

共働きでしたから、私の給料はほとんど全額貯蓄に回す予定だったのです。

その為給料振込口座から自動的に払いださ施れるものを希望。主人お給料から、ボーナスの身は全額貯金するつもりでいて、これも給料振込口座から払い出しを希望。

こうした理由でどちらも財形貯蓄を利用することにしましたが、主人のほうが利用できず。

ボーナスのみの利用はないため。ですから、主人はボーナスが入るたび、メインバンクとしてつ会っていた第一勧業銀行に定期預金として預けてました。

給料振込口座から自動的に払い出される形を天引きと言って、便利で鵜s。いちいち自分で入金や手続きをしたりしないでいいため。

そして手続きが面倒で、払い出しをほとんどしないで着実にためていくことが可能。財形貯蓄はあくまで勤め先を通じおこなわれるもの。

その為に退社するとき解約しなくてはならず、私も結婚し1年後、退社することになって、解約しました。それが大きなデメリット。

3年間だったのですが、私の退職、出産などいろいろなことがあって、それに応じ、貯蓄もかえることに。

私は自分の給料分ためた300万はゆうちょ銀行に定期貯金として預けました。

私が退職したら、主人の会社で財形貯蓄のみで毎月ボーナス併用で貯めました。

長い年月、生活など変わることも結構あり、突然お金が必要になったり。その時うまくやりくりし、貯蓄を続けていけるかといったことが苦労するところで貯蓄のポイント。

1年目私の給料の貯蓄で300万、主人のボーナスで100万ため2,3年目は主人の給料からの貯蓄で160万ずつためその結果3年間で1000万以上ためたことになって、無事家を購入できました。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら