貯蓄できない方にいい方法

みなさんは貯蓄を難しいと考えがち、収入があっても出費尾ばかりでためられず続けられない方におすすめの方法が。

小さい小銭入れでいいです。財布の小銭入れが2つにわかれていればそれでもいいです。750円の買い物をすれば1250円出してみるなど。

なるべく500円玉をもらえるように出しましょう。財布に余裕がないときは実践しなくてもいいです。

無理しても続かないですから。500円玉のみを分けて保管します。用意した小銭入れに入れ、財布の分けた場所に飲み500円玉を入れるなどとにかく500円玉とそれ以外の小銭を分けましょう。

分けた500円玉は気が向いたときまとめて貯金、通帳へ入れます。小銭を全部一緒に保管していればつい使ってしまうのですが、あえて別の場所に移しておけば、これはつかってはいけないと思え以外に貯められます。

私もただ貯金することは苦手、あればつい使ってしまいますが、不思議にこうした方法でためられています。

1枚のみだといいかと思って使いますが、4~5枚500円玉のみ入っていればなんとなく使いたくなくなります。私はこれで貯金箱がいっぱいになるまでためられました。

新生活、財形貯蓄でためる方法

将来の結婚に備え、貯金、出産費用のため貯金、それぞれライフステージに合わせた目標を立てるいい機会。

ですがせっかく目標を立てても先立つものがないと実践できず。財形貯蓄制度はあらかじめ給料から貯蓄分天引きされ貯金される制度。財形貯蓄制度がある企業に努めている方はこの制度を使わない手はないです。

財形貯蓄を利用してみれば、引き落としは月1回、それも給料からの自動引き落としに。給料からひかれる社会保険などと一緒で、しばらくすると引き落としされていること秋にならなくなります。

財形貯金分あらかじめないものとして残りの手取り収入のみで生活していくときがついたら、かなりの貯蓄額に。

もし、財形貯蓄制度を活用してない企業であっても銀行積立式定期預金を利用する方法がいいです。

便利な財形貯金、それでも生活を圧迫するような無理な貯蓄額を設定してはなりません。

せっかく貯蓄をしているのに生活費が足りなくて毎月のように貯金を取り崩していれば何の意味もないです。

貯金額は無理ない範囲と少しの努力によって上乗せできる分に設定しておくことが

浪費癖を解消。しっかり貯蓄を

お金は将来のためにある程度貯蓄、大事に使わなければならないといったことはわかっていても実践するのは難しい。

私はどちらかといえば倹約家、節約上手。なのですが、どうしても辞められない浪費癖も。それはお菓子やスイーツ類。お取り寄せできるスイーツがあると知れば高いものでもどうしても買いたくなり、お菓子の新商品が出ると試してみたく。

こうした執着をなくしてしまえば、もっと貯蓄に回せると思って、実践した浪費癖解消法があります。

1つ1つはちいさい額でもつもれば大きな額になっているといったことはよくあります。

1つ200円なのでとかった新商品のお菓子でも1か月10個買うと2000円。1年だと24000円も使っていることに。

自分の浪費癖のためどれだけの額を無駄にしているかしっかり把握を、浪費した分をメモ、1か月でいくら使ったか計算。

驚くような額になってしまうことも。

浪費癖のため無駄にしている額を把握してみたら、今度はその額で何ができるか考えます。

月2000円お菓子代に費やしていればそのお金で家族5人分の食費が1日分浮くといった感じ、そう考えてみればもったいないといった気持ちがわきます。

いくら無駄に浪費していたか把握できれば今度はその浪費分貯蓄に回す工夫を、新しい貯金通帳を作って、毎月無駄に使っていた分その通帳に入れます。

もしも浪費してしまったら、誘惑にまけ菓子を買っていたら、その分差し引いた分貯金を。その通帳にいくら貯めたいか目標設定を。そうすれば目標額までお金をためるのかゲーム感覚で維持になって、浪費をしなくなります。

楽しんで続けることが大事。

浪費は誘惑に負けることでしてしまうもの。

私はお菓子、スイーツの甘い誘惑に陥り浪費。そうしたことに負けない用意、なるべくお菓子、スイーツの情報に触れないよう買い物も減らしました。

雑誌やテレビでも情報は見ないようしてます。

困った浪費癖を治してしっかり貯蓄。そして目標額までためたら、ご褒美に旅行やレジャーを楽しんでみるのもいい方法。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス