納得できる保険に入るまで

万が一の時と思い生命保険い入る方は少なくありません。

ですが、保険会社により内容、料金も様々で納得できる生命保険に入るポイントを紹介。
生命保険に入ったのは23歳の時。

生命保険といってもかなり種類あって、けが、病気など治療費のため入るのか、自分に何か起きたとき家族を守るときはいるか。

あるいは将来への貯蓄のため加入か。自分が何のために入るのかをしっかり考えておいてください。

月々の支払い可能な額も考えておきましょう。

ほとんどの方が保険に入っている事でしょう。身近にいる方が入っている保険会社を紹介してもらってください。私はネット、資料だけよんで見てもよく分からず、営業担当者と会って話をしました。

1つの保険以外に複数の保険会社を紹介してもらうことにしてください。複数の保険を扱っている代理店に相談してみてもいいです。

会社によって内容、金額は様々。自分に十分な内容か。支払い可能な額か、複数の会社をしっかり比較を。

当たり前なのですが、保険会社は、自分の保険に入ってもらいたいと思っていて、急いで決めるような必要はなく、不明なことはしっかり質問をして納得できるまで時間をかけてください。

加入する生保が決まれば、その旨を担当者に伝えてください。会社により手続きが違うのですが、印鑑、支払い口座番号を用意してあるとすぐ申し込み可能。

私は営業担当者と対面しながら申込用紙に費用事項を記載したので、記入漏れもなくスムーズにできました。

記載事項は名前、住所、連絡先以外に職業、勤務先、年収など。

既住歴の有無など健康状況確認されます。

残念なことに、申込みをしてもだれでも加入できるということではなくて、既住歴によっては成立しないこともあり、特に過去重度な病気がなければ契約が問題なく行えます。成立後、保険会社から保険証券が送られて、大切に保管を。

私は5社の生命保険を比較して決めたのですが、内容、保険料はもちろん万が一の時信頼できるところかといったことも保険選びと時の決め手に。

営業担当の方と直接話をして説明を受けられよかったと感じます、最近ネットで生保を申し込むことができるサービスが増えてますが、私はネット、資料のみでは保険内容がよく分からなかったのです。

これからずっと支払わなければならない保険料ですが、その額はかなりの額に。ですが、自分の入っている保険内容がわかってない方も少なくないので、自分い合ったものを。

結婚後の保険

挙式後するべき届出の種類と方法。保険の種類は大きく2つあり、医療保険、生命保険。商品により、この2つが一緒のタイプもあります。

医療保険はその通り入院、通院のとき保険金が下りるもの。

入院、通院のときはほとんど健康保険が利用できますが、これを使っても自己負担額で3割負担。その分に備えるため医療保険に入ってください。

必要額はいろいろありますが、保険料を払うとき家計を圧迫することはだめ。バランスを考え選ぶことが大事です。

生命保険は死亡したとき保険金がおりるタイプで、家族の人数、収入額により必要な生保は変わって着ます。

子供がいると保険も高額なものが必要で、生まれてから見直す方も多いです。逆にいなければ大きな額の保険は必要ないでしょう。

結婚前保険に入ったといった方もいることでしょうが、そうしたときは受取人変更が必要になるでしょう。

新たな家族になったのですから、夫が保険金の受取人になることが一般的。最近ネット、店舗型で保険の無料比較相談をしてくれる会社も結構あり、私も使ってみましたが、保険会社が一人一人説明し加入促進するより効率がよく、その方にあった保険を複数の会社の商品の中で紹介する型式になってます。

ファイナンシャルプランナーなど専門家がいることもあって、とても利用しやすくぜひ利用を検討してください。

保険に入るといったことは未来を想像して、これからの2人の方向性を確認する作用でもあるのですが、何かと難しいところも多い保険。専門家の力を借りつつ、自分にあったものを。



この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら