自動車保険選びで

生命保険は人の体をかける保険ですが、その中で死亡したとき払われる死亡保険は定期保険や終身保険や養老保険お3つに大別。

生命保険の中で死亡保障は3つに分類され、定期保険、養老保険、終身保険。保険会社は実際に多様で複雑な特約を付加した保険商品を用意してますが、基本はこのいずれに分類されます。

定期保険は保証される期間が定まっている保険で、一般的に解約返戻率も低くて貯蓄性はないです。

いわゆる掛け捨てと呼ばれるもの。養老保険は死亡保険額と満期受取額が同額の保険で、保証期間中心でも、満期が到来しても保険金あるいは満期金を受け取れます。

満期後の保証はないです。

終身保険は実が終わるまで続く保険で、100歳でも150歳でも死亡した年齢に関係なく支払われます。

貯蓄性が高い養老保険、終身保険は定期保険より保険料が高くなります。

一般的にどのタイプも保険額を大きくするほど、支払う保険料が高くなります。

保険額と保証期間、そして自分の保険料支払い能力とバランスを考えて、定期、養老、終身いずれが自分に合うのか考えてください。

保険料、特約の充実度合い、解約したときの返戻率など保険会社により異なり、自分が必要になっている保険はどの保険会社の商品かといったことを比較して下さい。

一社にとらわれず、自分に合っているなら複数の会社の商品を組み合わせて検討を。

自動車保険に入ったのですが最近自分の車を買って、その目に任意保険に加入したわけです。

34歳女性に合う自動車保険を探すことは大変でした。

私が条件としていたのはホテルの確保や送迎、車トラブルの相談に乗るというサービスや保険料の安さと保証の充実のバランス。

自動車保険い入っても万が一の時対応が遅ければ意味がなくて、中には事故が起きて保険が色るまで数か月かかってしまう会社も。

ですか365日24時間事故対応してくれる保険会社を選んだのです。

自費負担が抑えられるよう、修理、けがの時の支払に間に合うぐらいに処理してくれるところなら安心。

最近外資系保険会社も増えていますが、そこは日本企業と考えが違っていて、日本の会社で対応がいいところを選びました。遠方で事故にあっても困らないような対応をしてくれるところを。

保険料負担は自分の収入と比較しということで、金銭感覚は個人差があるもの。私には安い、高いと思う保険料は他人と違うので断言できません。

実際全部条件を満たしてくれるところはなくて、少し妥協をしても必要な条件をクリアしている所を選びました。

東京海上日動トータルアシスト自動車保険に加入。

ここは、万が一の時に備えることも可能。事故以外の故障に対しても保証されるといったことで、車を利用しているときの不満をすべて解消できます。

傷害保険を選ぶときには

私は女性。26歳のとき保険に入りました。

ずっと必要なしと考えてましたが、友人が怪我して入院したエピソードを知り、実際入院費がかかったといったことで、自分も備えが大事と思って入ることに決めたのです。

私のときは掛け捨てタイプではなくて、積立式傷害保険がいいと思ってました。

掛け捨てにすると確かに保険料は安く抑えられますが、積立式にしてみた方が掛け捨てに加入して何事もないときそのまま終わるよりお得な感じがしたわけです。

数年に1度ボーナスを受け取ることができるといったことがあればいいと思って、そうした傷害保険を探しました。

損保ジャパンユトリードに入ったのですが、女性プランもあって、便利。特約を付帯することにより、もしも加害者になった時被害にあった方へ治療費、賠償のための備えになって、これならいろいろ事故、けがに対応することが可能と判断。

女性プランはかなり便利。これはもしも怪我を負って、治療が必要となったら、ほかのプランより保険金増額されるもの。

ほかには女性の日常生活を安心しておくことができる内容。

盗難に関して対象に案っているということも大きく、満期返戻金があると言ったことが絶対条件でしたが、比較的リーズナブルな保険料で満期返戻金があるといったこともユトリードにした理由。

ユトリードとどちらにしようかとなやなんだのが、東京海上日動火災保険のファイン。

欠点はないのですが、ユトリードのプランが魅力的で、もしファインに女性プランがあれば別の結果になったことでしょう。

プランの豊富さの違いによって、損保ジャパンを選びました。

ネットを利用して比較して選んだわけですが、もっと時間をかけ選ぶことができれば違う見方もできたでしょう。

積立式がいいということが前提だったのですが、積立式にこだわれずもっといろいろ幅広く調べてみれば、自分に最適な保険が見つかったことでしょう。

それでも今は満足していて、満期返戻金を受け取るまでまだ時間がかかるのですが、生活の色々な不安に対しての保証があるといったことだけでもいいと思います。

これで万が一に備えられます。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス