養老保険の選び方

積み立てもしたいが貯金ならつかってしまったり、保険に入らなくていけなくても、掛け捨てではもったいないなど。

貯蓄、保障も一緒にできる保険があり、保険は掛け捨てのもののみではなく、それが養老保険。

満期と保証が同一の保障型が貯蓄重視タイプで、満期が100万円なら病気での死亡保障は100万円。死亡保険金と満期金が同日であることによって、貯蓄性が上がります。

かんぽ生命は基本保障100万円に対し1500円の入院保障をつけることができ、1日4500円の保障がほしければ基本保障を300万円にする必要が。

これを500万にしたからといっても入院保障など特約部分を500万まで設定しなくてはならないということではないです。

必要に応じ保障をつける、減らす漬けないは選択でき、自身の保険の加入状況に応じ保障をつけてもいいです。

かんぽ生命は2倍型、5倍型、10倍型の3種類の特別養老保険があって、2倍型は満期が100万とすれば、保険の加入期間中は2倍の200万円までの保証を付けられます。

5倍型は、満期を100万とすれば加入期間中は5倍の500万円までの保障をつけられ、倍型商品は期の倍の保障をかけている期間、手厚く保障をプラスできるもの。

保障を倍増しているので、保障にかかる掛け捨て部分も月々保険料に出てきます。

今女性の私が加入してる保険の1つに貯蓄重視タイプのℋ普通養老保険があり、保障に関して終身で一生涯の基本ベースを用意し、養老保険は貯蓄を重視し、保険と貯蓄を分割し加入するパターン。

金利の低い中すこしでも税金は減らしたいもの。

全額税金にかかるような貯金よりかは保険といった方法で満期に対する税金も控除対象といったうまい加入方も。

養老保険のいいところは、しっかりお金を貯められて、自動的に決まった日にち引き落としがかかりますから、積み立て忘れがないです。

月々保険料を減らっている方がたくさんいますが、実際保険料は3か月分以上まとめ払うことで割引がきき、ボーナス月に半年分ずつや、一括で払込みすることによって、支払額をヘらし、払込より受け取りを増やすといったことも可能。

最近30目前の私が加入したのは、40,50,60歳のとき100万ずつ降りるプランですが、1本での加入ではなく3本がけで分けていて、保険は1本ではいらなくてはいけないといった決まりはないです。

満期時期をずらして、積立期間によって、支払総額より受け取り総額が大きくなるという形で設定しており、掛け捨て損はない状況での加入。

低金利の中、貯金の利子も微々たるもの。掛け捨てでしょうと保険を検討しないのはもったいないです。

ネットで海外旅行保険がお得に

海外旅行中思わぬ事故に合うといったことや、病気になったら困ることがたくさんありますが、治療費、賠償金など金銭面以外に言葉の壁もあってサポートが必要。

万が一の備えに旅行保険い入るのは賢明です。

私がはじめて加入したのは40代になってから。家族の旅行でも夫婦旅行でもそれ以後ずっと同じ保険。

それまで空港で簡単に手続できる自動販売機を利用したり、ツアーをもうし込むついでに加入してました。最初は手続きが面倒で、余り内容を考えないでセットになった物や旅行会社おすすめプランに入ってましたが、保険商品もいろいろ種類があって、保険料金も差があって、内容を把握することに。

出発前さっとは入れば楽ですが、家から空港まで事故などはカバーしてないこと、あらかじめきめられたプランしか選べないことが、空港で加入する保険のデメリット。

保障内容が充実しており、安心で、やや割高なものが多いというデメリットがあるのが旅行会社推奨プランのデメリット。私のときは個人旅行が多く、保険も自分で選んでます。

こうしたことを踏まえポイントとして、治療費、賠償責任など、絶対必要なものは厚く、それ以外は普通でいいネット割引などなるべく保険料を低く抑えられる・手続き簡単なものがいいとなったのです。

これらのポイントを基準に検討したところ。損保ジャパンの芯海外旅行保険offに入りました。ほかにもネットで入れる保険がありましたが、試算した保険料が安くて、以前からなじみがあるところに決めました。

タイに4日間旅行したときですが娘二人と旅行でカップルプランに加入。

一人当たり治療費1500万円。後遺障害1000万、疾病死亡が1000万、賠償1億、救援者費用1500万、携帯品障害50万、手荷物遅延10万など手厚い内容で保険料3290円でした。

クレジットカードの付帯保険で足りないところだけカバーできて、個人のニーズに合うプランで組み立てられるのが便利。

分かりにくいときはセットプランもシンプルな物から充実したものまで3タイプ選べます。時間がないときでもネットですぐ加入できて、保険証書が届く前でも確認書をプラントアウトすると大丈夫。

療アシスタンスサービスにより日本語で医療相談、病院予約も対応。キャッシュレスで治療を受けられる医療機関を紹介してくれます。

行先別や1日ごとの保険料設定がされており、店頭での販売価格に比べ最大40パーセントお得に。

幸い10年以上保険を請求するトラブルがなく、対応の良し悪しはわからないですが、同じ会社で火災保険など他の損害保険を契約し、信頼があって、引き続いてお世話になる予定。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス