年金準備のため保険の活用を

生命保険は何があるかわからい人生の中もしものことがあれば、その備えでとても役立ってくれます。死亡保障7000万+入院費額5000円といった保証内容で、保険料は10000円/月といった保険があれば、この保険が適当か判断するには7000万円はだれのために掛けた保険金化を考えておくことが大事。

独身だった李特段の借金がなければつけとった方にとって7,000万は本当に必要な額でしょうか。

もしも養育しなくてはならない子供が入れが、その子が独立するまでの生活費や教育費である程度お金が必要になりますが、生活水準や、子供の進路などが人それぞれ違っており、この7,000万円といった額が妥当な額か一概に判断できません。

ですので、保険額を決めるとき保険会社任せや、みんなと同じぐらいなら安心といった決め方はだめ。

誰のため、何のために起こす保障か考えて、自分尾身の丈に合う保険に加入してください。

国は将来の年金にたいし、明るい話題を以ってなくて、逆に言えば、これから社会で活躍する方は高額な年金を収めて少額の年金を受け取る世の中になるでしょう。

ですが、なにもせず居るわけではなく、もらえなくて困らないよう自分で準備を。将来の準備に個人年金といった保険があり、これは通常の死亡保険、生命保険と異なって、貯蓄型保険であり、死亡したときそれまで払った保険料相当額となって、死亡時払戻金といった名称になります。

個人年金保険は将来のため今からお金をためていくものであり、年金がもらえるかわからないような20代~40代前半の方におすすめ。

年金準備と言っても個人年金のみではなくて、死亡保険を活用できます。

終身保険といったものを聞いたことがあるでしょうが、これは一生の中で1回、または死亡の時のため準備の保険で、これはお金がたまる仕組みになってます。

中でも低解約払い戻し型終身保険は、通常のものより保険料が安くて、さらに払い込み終了後の払戻金が100%を超えるものも。

なので死亡保障も必要で将来の年金も準備が必要といったときは個人年金よりこちらが便利。

各社そろえており、相談窓口で聞いてください。

将来の年金準備を若い内から考える方はあまりおらず、まず目先のお金で精いっぱいになってしまうのですが、それでは間に合わず、思うような額をためられませんので、社会人になってコツコツ準備が必要です。

がん保険で考えるべき大事なポイント

今では2人に1人が癌になるといわれてますが、芸能人ががんを告白し治療に入って、復帰、そうしたニュースをたびたび目にすればとても身近な病気に思えるでしょう。

そうなれば必要になるのががん保険のサポート、

がん保険はその名前からわかるように癌のみを保障の対象にしていますが、今では癌は健診で早期発見、医療技術の進歩で治せる病気になってます。

その為にがん保険い入るのは治療に専念するための経済的サポートが目的になってます。

主な保障内容ですが、がん診断給付金 がんと診断されたとき
          癌入院給付金  がん治療のため入院したとき
          がん手術給付金 がん治療のため手術したとき
          癌通院給付金  がん治療のため通院したとき
他には抗がん剤治療、がん精神治療など特約も
主な補償は、保険期間が就寝、特約は保険期間10年更新タイプが多く、支払い限度は癌入院、通院の溶き、日数無制限のケースが多く、底が一般的な保険との差になっています。

がん診断給付金も受け取り回数に制限がないタイプが増えてます。

がん保険の治療のためといった文言は所定条件がついており、所定条件にあてはまらない時は給付金は出ないということ。

癌の治療技術はとても進歩していて、いま所定の条件にあてはまる治療が主流と言っても、いつ違う治療法が出るのかわからず、その時いまのがん保険が使えるかが大事なポイント。

終身払いにするとは大事で、治療内容が変化してももらえる診断給付金を優先。何時見直しするかわからいのががん保険で、無駄な保険料は払いたくないので、そのため終身払いにしておけば少しでも無駄を減らせます。

癌にかかったことなら、基本的にがん保険に加入できず、今加入できる保険がないわけではないですが、選択肢がすくないのが実情。

それぞれの保険お特徴を理解して吟味し選びましょう。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス