死亡保険を選ぶときの比較すべき個所

老後資金準備で比較的人気があったのは生命保険の年金保険を使う方法。

これは預貯金などで準備することのバリエーションとかんがえられ、年金保険のメリットやデメリットの整理。

いくら保険料を払えば何歳からいくらの年金がもらえるということが一目瞭然。

一定の条件を満たすと支払保険料が1年で最高5万まで所得控除に。

そして受け取る年金は雑所得となり、相対的に20%分離課税の金融商品より有利になることが多いです。この制度は将来廃止される可能性も。

年金保険のときは原則保険料の変更ができず、途中保険料の支払いが難しくなったら、解約、または減額せざる得ないです。

途中解約は解約返戻金が払った保険料より少なかったり利回りが低くなります。年金保険なので、受取は年金形式。受け取る側の状況にかかわらず、一定額支払われて、年金が必要でなくてもはらわれて、まとまった額が必要になっても、まとめて引き出せません。

数年前まで年金保険、養老保険など庫築盛がある保険商品の利回りが、預貯金など利回りを大きく超えてましたが、最近の保険料の値上げで年金保険の利回りは今ではせいぜい年1~2%。これから数十年先に使うお金を、低金利の物に預けることは危険で、今後数十年の間に一度大きなインフレが起きると、すぐお金の価値が下がる空なのです。

年金保険へ加入を考えるなら、こうしたメリットや短所をしっかり知ってください。

たくさんの保険商品の中で自分に合うものを選ぶとき注目すべきポイントがいくつかあり、そのポイントを商品ごとに比較して最も自分の要件に近い買い物を見つけられれば、自分に合う保険を選べるでしょう。

保険期間は保険の契約期間で、もしものことがあれば保険金、給付金が支払われる期間。この期間は10年、20年といった一定期間を選ぶときと、加入から死亡までの一生涯といった機関を選ぶときがあり、基本的に、終身型の死亡保険は解約時などにはらいこんだ保険料が戻る貯蓄性を有したものがほとんどで、その分月々払う保険料が高くなります。

定期型死亡保険は掛け捨てタイプが多くて、その分月々払う保険料は終身型に比べ安くなってます。

月々保険料負担を抑えたければ、定期型が便利。結婚、出産などというイベント発生のときに保障内容を見直してみれば、必用な保障を最小限の保険料で用意可能。

必要保証額は簡単に言えば、残された家族に足りないお金を補うもの。

このされた家族に必要なお金から、このされた家族に入るお金、生前の貯蓄を引いたものが必要保証額になる。

これを比較するとき自分のライフステージに適する保証を提供してくれる保険を探しましょう。

ネットから自動車保険に加入

損害保険はたくさんありますが、その中で自動車保険は身近なもの。

私の父は車に余り乗らないことで任意の自動車保険に入ってませんでしたが、不安でしたからネットで保険を探したのです。

これからネットで保険い入ろうとしている方は参考にどうぞ。

私の父は男性で加入時71歳。どこの保険い入ればいいかわからず、私がネットで検索し、よさそうな会社を探したのです。自賠責保険は車検のとき加入しており、任意保険に入ってました。

必要な書類は初めて保険に入るときは次の2つ。

車種、型式、免許証の色など入力するために必要で入力前用意を。車検証、運転免許証他社から切り替えのときは上記以外に保険証券が必要

サイトの画面に従って住所や氏名、車種・形式、免許証の色、運転者の範囲、運転者の年齢条件や車の使用目的など入力。

保証内容、特約・オプションも選択画面より自分に合った物を選びます。保証内容ですが、金額的に高いものから保障重視型、保障と価格のバランス型、価格重視型と3プランあって、どの程度の保険にするか選びます。

私は中程度の保障でいいと思い、保障と価格のバランス型を選びました。車の保障は特に必要ないと思い、車両保険はつけませんでした。

特約は弁護士費用など保障特約、対物差額修理費用保障特約を付けました。

特約、保障と言われてもピンと来ませんが、選択時どういったものか説明を読むことができて順番に選びました。

これらを全部入力すれば保険料を自動で計算。予算、保障内容など照らし合わせ自分に合う保険を考えてください。

重要事項説明書は保存を。

見積サイトで選んだ保険内容、保険料で申し込むとき、そのままの画面から保険会社に申し込みできます。見積もりサイト画面にある支払方法を選択。私の場合保険料は年額38500円でこれを払いました。

支払法としてクレジットカード、スマートコンビニ、ネットバンク決済、コンビニ、銀行振り込みでの支払いの中で選びました。

支払って、手続き完了後メールでお知らせが届き。

後日郵送でも証券番号、保険期間など記載されたお知らせが届きます。だいたい1~2週間で届きました。

ネットで手続きしてみれば、私の利用した会社は5500円の割引があって、さらに証券不発行割引で500円の割引に。手続きが自宅から簡単にでき助かりました。

自分で何回も見積内容変更でき、それによって金額がどれぐらい違うかチェックできました。

冬バッテリーが上がりエンジンがかからない時この保険のサービスを思い出して対応してもらったことがあり、こうした車トラブルに対応してくれて助かりました。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら