自動車保険に入るときの流れは

損害保険といっても、その種類は豊富ですが、どれも万が一の時大変重要に、私は主人の自動車保険お手続きを代行した経験があって、それをもとに自動車保険に入るときの流れを説明します。

自動車保険は強制保険、任意保険があり、任意保険お手続きを紹介。
加入したのは私の主人で男性、年齢47歳の時。


まずネット見積り。どこの会社がいいという希望はなく、いろいろな会社に見積り依頼を。

いろいろな保険会社の見積もりを出すことによって金額的な差もわかり、保証内容も分かりますから、検討する情報が増えました。

そして見積もりのとき車両保険、対人対物保険などに関して同じ条件にし、比較しやすいようにしました。まず保険ですから補償内容がしっかりしているものを選び、自動車保険なら、ロードサービスの有無などプラスアルファのサービスがあるものを重視。

そして次に値段ですが、保険は12か月の分割払いにできるもの。一括にすれば安くなる物があり悩みました。

ですが、分割、一括で2万位差があり、一括で払うことにしたのです。そのため一括での値段も10万以内におさまるような保険料のところを選んだのです。

そして今ネットから申し込みをすれば割引がつくサービスをしている会社が多くあって、私もそのサービスを利用し8千円ぐらい割引に。

必要事項を入れてネットで登録すれば後日保険料の支払い用紙が届き、コンビニ払いで支払いました。

ネット申し込みの時車検証、今まで入っていた保険の証券があればスムーズ。

保険会社の基準が様々ですが、改造車だったりすれば保険に加入できない時があり、わからないことは保険会社に確認を。

保険料の支払い用紙の後、車検証コピーを送るための封筒が届き、コピーを取り早めに送り返しました。支払いがすんで、車検証に不備がないときは2週間で保険証券、契約書が届きこれで完了。

保険料を払っても車検証内容が保険会社の基準に満たなければ契約してくれないことがあって、車検証コピー早めに送り返すようにしてください。

ネットからの申し込みでいろいろな会社のプランをくらべられたのは大きく、それにより安く充実した保険に入れました。

保険契約を選ぶとき目的達成できるものを

子供を持つ親として当然の役目として意識し出すのが学費の確保。このためどの保険がいいのか検討の結果、加入した保険について体験談を紹介します。

結論私は養老保険に入りました。

保健内容は一括納入で約190万を預け、17年後の受け取り時は200万を超えます。

プラス契約者である保護者が死亡したとき、子どもは預入した額の2倍死亡保障が受け取れます。

どの保険にも言えますが特約は付属に過ぎず、学費をためる目的なら、その目的1本に絞った方が保険料の支払額は低く抑えられます。

そして、養老保険にも医療保険の特約がセットされていますが、医療保険は医療に強い保険に単独ではいった方がお得。月々の保険料の納入をするより、一括で保険料を払ったほうが保険料の受取総額は多くなります。そして保険料を受けるるとき、一時所得扱いになって、税金がかかります。

その分を差し引いた額をしっかり聞いておきましょう。一般的に学費確保として知られている保険は学資保険がりますが、これは元本割れの危険も。

養老保険は特約を付けない養老保険単独の加入だと元本割れのリスクはないです。

学資保険の人気の最大のポイントは保護者が死んだとき、残りの保険料振込が免除になるタイプが多く人気がありますが、養老保険の死亡保障は死亡保障額が大きい点でメリットが。

養老保険タイプによっては預けた保険の倍額の死亡保障がされます。例えば、200万を保険料として設定したら、400万の死亡保障を得られるメリット。

保険を選ぶときネーミング、人気にとらわれず。目的が達成できるものをしっかり選ぶことが大事です。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス