生命保険を選ぶコツ

人生でとても高い買い物が保険ですが、これは一定額を一生払わなくてはならないもの。なのでいい条件の保険をしっかり見極め長く付き合いたいでしょう。

そして今不景気で、保険みたいに目に見えないような買い物はなかなか払いたくはないでしょう。

そこで、一生払っても損しないお得な保険選びのコツがあります。

生命保険の種類は定期保険、終身保険、養老保険の3つ。

他には医療保険、三大疾病保障保険、収入保障保険、個人年金保険、がん保険、変額保険など。

主契約のほか、特約があって、この特約のほうは各生保会社でたくさん種類があります。そして基本的に主契約で保証できない部分を特約で補填するという特注部分になって、それぞれお客様ごとのオーダーメイドのような形になります。

まず保険料、保険金の違いですが、保険料は月々払うお金。保険金は死亡保険金。給付金は入院、毛が、手術により、一時的に払われるお金。まず生保を選ぶとき、何が自分い必要なのかを調べましょう。

自分が死亡したら、家族の保証をしたいか、入院したときに備えたいか、死亡後税金対策で加入したいか。

人により、保険ニーズが異なります。そしてそこを第一に考えましょう。そして払う保険料のことも考えることが大事。

毎月少額の支払なら、当然保証は小さいですが、多額に払うときは保証が大きく。

まとまった資金ができると前納したら、一時払いすることもできます。前納すれば保険料が少しお得に。

こうして保険を選ぶコツはまずライフスタイルを見直すことなのです。

がん保険を例に挙げれば、保険料は安いが、入院日数の上限が60日のみだったり、保険料は高いが、保証内容は手厚いなど保険はたくさん種類があります。

よって、保険選びのときはいくつかの保険内容、保険金、保険料をしっかり比較し、加入を決めることが大事。

ですが、これを個人で調べることは容易ではなく、そこで自分に合う生命保険を選ぶためファイナンシャルプランナー、保険代理店や比較サイトなど参考に。

保険加入、見直しを考えるタイミングは

保険へ加入、見直しをするタイミングは何時が適当でしょうか。

結婚をした、子供ができたなどライフイベントがあったときはもちろん将来の夢に併せ考えることが大事です。

保険は将来に備え入るものですが、事前に夢、目標を考えていても、現実とのずれが生まれてきます。

そして、将来の夢、希望に変化があると、いざという時しっかり守ってくれるように保障内容も見直しをしたいもの。まだ加入していなければ今加入を考えるタイミングかも。

必要保証額が大きく変化するような人生のイベントがあれば、保証の見直しをするタイミングかも。

無保険だった方も社会人になったタイミングで保証も自立。自分で保険に入り将来のリスクに備えて。

結婚すれば是非保険お検討と見直しを。一般的に女性は妊娠すれば疾病リスクが高まってきて、入院保障をしっかり見直した方がいいです。

そして、それまで入っていた保険があれば、受取人を親から配偶者に変更することも。
厳密には妊娠した時点で加入・見直しの検討を。家族が増えると親として世帯主として死亡保障を厚くすることが大事。

住宅ローンの多くは団体信用生命保険の加入が義務付けられていて、万一の時ローンが相殺され、家族に住まいを残せますから、生命保険はローン以外生活保障として考えればいいです。

団体信用生命保険に加入せず、住宅ローンを借りる時ローンを相殺できる分保証を上乗せする必要があります。

親が大きな資産を持っていれば別ですが、親が不要に入るとき、その介護費用をねん出するため保証を多めに設定する必要があります。

そして、受取人を明確にしたほうがよければ、配偶者と親を受取人にしておきましょう。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら