医療保険制度の基礎

病気やけがをしても高額な医療費を心配せずに、誰でも安心して病院にいけることを保障してくれる医療保険制度ですが、当たり前にありますが、その仕組みをしっかり理解できている方は少ないでしょう。

日本ではすべての方が公的医療保険に加入することになっており、これを国民皆保険制度といって、これによって病気やけがをしても誰もが安心して医療機関に行けます。

そして医療保険は大きく職域保険、地域保険に分けられます。

75歳になれば後期高齢者医療制度に全員加入することになって、後期高齢者医療制度は今見直しが検討されています。

職域保険としては、サラリーマンとその扶養親族を対象にした健康保険、公務員、船員など特定被用者とその扶養親族を対象とする共済組合、船員保険があり、健康保険は主として中小企業の被用者など対象にした全国健康保険協会管掌健康保険があります。

そして保険料は被用者の給与水準によって決まって、被用者本人、使用者がほぼ折半となります。

地域保険として、個々の市区町村が運営する国民健康保険があり、保険量は世帯ごとに収入、資産額、世帯人数などに応じ算出。算出割合は各市区町村がここに定め住んでいる市区町村により保険料は異なります。ほかには、特定の職種ごとに設定された国民健康保険組合があります。

医療保険による医療を受けるとき、医療機関で被保険者証など提示して、一部負担金を支払うだけで医療が受けられ、一部負担金はかかった費用の原則3割で残りは各医療保険腹払われます。

長期入院、高額な医療を受けたら、医療費の自己負担額が高額になって、底で家計の負担を軽減できるよう1か月の医療費の自己負担額が一定額を超えたら、こえた分が払い戻される高額療養費の制度があります。

そして自己負担限度額は所得、年齢に応じ異なり、そして事前に所定の手続きをすれば、払い戻しではなくて、医療機関の窓口での支払いを自己負担限度額までとどめていくことが可能なことがあります。

専業主婦が保険を選ぶには

貴方は保険に加入しているでしょうか。人生でその方が大事にしたおポイント、措かれている状況は異なりますが、それにより選ぶ保険も変わるのです。

専業主婦のときは、あまり死亡保障をかけなくてもいいです。共働きの時は死亡保障も手厚いものを選んでみたほうがいいですが、専業主婦の時は収入がないです。

その為万一のとき死亡保険として葬式代、お墓代に相当する最低限の死亡保険を抑えて下さい。

そして家事、育児の働きをカバーするための備えでの保証を付加することがいいでしょう。

専業主婦なら、病気、けがで入院すれば医療費、雑費など負担が増え、そして幼い子供がいるときは夫は子供がどこかに預け働かなくてはならなくて、ベビーシッター、保育料など新しい支出が発生したりするでしょう。

そのためにこうしたことを考えて、しっかり保証がある医療保険に入ってください。入院1日目から保証してくれる保険がいいです。

そして最近は女性特有の病気に手厚い女性のための保険商品がたくさん販売されており、女性が入院したときの約5割は女性がかかりやすい病気であるといったことをご存知でしょうか。

子宮筋腫、白内障、帝王切開を保障してくれたりする女性保険に加入を。

専業主婦なら、死亡保障より、入院保障など医療保険がしっかりしたものを選んでください。保険はいかに自分に合う保険を選ぶことが可能かが大事。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス