保険の選び方・こども保険に入るために

保険は生活するうえで大事なものですが、今ネットでも契約できる格安の物があり、そうした保険はどういった種類でも選び方が大切。

保証を手厚くし過ぎ月々の支払に苦労することや、月々の支払いを少なくすると、いざといったとき役立てなかったり慎重に選ぶことが重要。

保険をかける時必要な補償を整理するため紙に書きだしましょう。医療保険はどんな病気になればいくら必要かなど、がん保険は遺伝も関係するので絞り込みやすいでしょう。

この書き出す作業で自分の中で整理できなかったことが整理できるのです。また、専門家にアドバイスをしてもらうことも大事、いわゆる保険屋さんです。

素人がいくら考えてもプランを立ててもプロには買わないです。書き出した紙を見せてアドバイスを受けながらプロと一緒に保険プランを考えていきましょう。

金額的にネットより割高になりますが、質はネットで契約するより格段にいいものになるでしょう。そうすることで本当に安心が手に入れられます。

保険はあくまで保険で、それ以上のことは求められません。保険を利用して金儲けとはいきません。プロに頼めばそれは割高になり当たり前、人件費といったものが刈りますが、之も安心を手に入れるための費用、正しく保険ですね。

ネットで契約すれば確実に割安となりますが、保証内容はとても不安が残ります。あくまで保険は保険といったことで割りき、プロに任せることが大事。

こども保険について貴方は子供がいるでしょうか。子供がいることによって親が抱える経済的リスクの1つが教育費ですが、四大まで出せば国公立コースでも教育費は約1000万かかってしまいます。

こども保険は入学時など降りる祝い金、満期保険員とが教育資金お助けになる保険で契約者の親がなくなれば以後の保険料が免除され、祝い金、満期保険金が予定通り受け取れます。

こども保険は親である契約者がなくなったとき育英年金が降りる保証型、育英年金がなく極力貯蓄性を高めた貯蓄型とに大別。

加入できる子供の年齢は会社により異なり、0~2歳の保険会社もあれば、0~15歳の保険会社も。子供が生まれる前に加入できる会社もあります。

学資保険は満期の年齢、満期保険額が決まっているので、子供が成長されるにつれ保険料払い込み期間が短くなって、毎回払う保険料が高くなります。

家庭の保険料負担を考えれば、赤ちゃん誕生後なるべく早い時期での加入がいいでしょう。

こども保険は子供の年齢にあわせ満期が決まっていて、18歳満期あるいは22歳満期のタイプが多くなっており、長く設定すると月々の保険料が安くなるのですが、大学入学時の費用には間に合わず、掛け金を減らしてでも18歳満期のほうがいいです。

自動車保険選びのポイントについて

普段買い物、週末ドライブ、長期の休みは遠くまでドライブなど、車があると生活の幅がとても広がってきますが、その反面事故にあったりする可能性もあります。

そうした時頼りになるのが自動車保険で、どんな保険に加入しているでしょうか。

代理店の自動車保険で最大のメリットは万が一の時直接顔を見て話せることですが、私も不幸にして何度も事故に合ったことがあって、気が動転しているときすぐ現場に飛んできてくれ、とても心強かったことを覚えてます。

現場、事故後の処理を全部してもらったことは言うまでもないことですが、一方保険代金がネット保険と比較しかなり高いということがデメリット。

ネット保険のメリット、デメリットは代理店保険の長所短所と相談する物となり、保険料が格安なことがメリットで、事故現場の処理、事故後の処理を自分でやらなければならないことがデメリット。

私は20代のころ代理店の保険に加入していて、運転歴が浅くてもしもの時現場に男性が駆けつけてくれるといったこともメリットに感じていたため。年齢も低くてゴールドカードではなく、保険料がかなり高額でしたが安心以上の保険はないと思って加入を。

30歳になって保険を見直しました。代理店から30代以上限定の商品があるといわれて。

対物保険の限度額、対人保険の限度額、運転者の年齢、運転者の区分の4つに絞り、代理店保険とネット保険数社を比較。対物・対人保証は無制限、運転者の年齢は35歳以上限定、運転者の区分は配偶者・家族・こども限定土地た商品を選び、代理店とネットを比較すると、倍以上差があって、安い方のネット保険に加入したのです。

何度も事故にあっていて、自己処理の流れ、対処の方法がわかっていたので、安い方のネット保険にしました。

いろいろな保険商品を扱う知り合いがおり、万が一のときその友人に相談できるのもネット保険に決めた理由。

保険会社の比較では、ネット保険は、1社1社問い合わせることなく1度に数社見積もることが可能。

ネット保険、一括見積といったキーワードで検索を。一括見積できた内容と代理店の内容を比較、自分の希望の保険愛用。額に合うものが瞬時に分かります。

一括見積以外に1社1社電話で問い合わせてみれば、その会社の対応がわかり、安心できます。目に見えない相手と取引するのが不安なら、最適な方法でしょう。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス