海外で保険金について期待していた体験

海外で体調を崩せば心ぼそく、余計な心配も出てくるわけです、短期間の旅行でも何が起きるか予測がつかないで保険はしっかりかけておきたいでしょう。

2年ほど前2週間の予定で知り合い4人と旅行へ。

これには保険といったことが頭にあって、持病、既住症の応急治療にも保険が使えるとあり、決めましたが、使うことはないと思ってあまり重要に考えてなかったです。

マレーシアは暑くて、食事もほとんど口に合わなくて、3日目で精神的に参りました。3日目の夜、体調がおかしくなって、ストレスのせいで体を動かせなくなり、コンダクターの方に連絡を取り病院に連れて行ってもらったのですが、結果入院となりました。

それも1週間は休養しなければ、このままだと日本に帰れないということで、そのまま入院。退院前日入院費を払うためカードなどでお金を引き出そうと考えましたがまったくたりない状況。

病院の事務長の方に事情を説明すると誓約書にサインをと言われ、入院費はしっかり払いますというサインをして退院させてくれました。

日本に帰り直ぐ保険会社へ連絡したら、請求用紙を送るとのこと。用紙が届けられ、これには、どういった症状か。支払った入院費の額、どこの国かを書く欄があって入院費は払わないで帰国したのにもかかわらず、現地できいたうる覚えの額を書いて返送しました。

しらばくして連絡があって、病院代を払った証明書を送付してくださいといわれ、支払わないまま規則したと答えると、入院した国の病院から請求書、診断書が届くのでそれを送ってくださいと言われました。

3週間し、請求書、診断書が届き、保険会社へ郵送して連絡を待つと事情は分かったので、入院費はこちらから払っておきますから、これで終了。
てっきり保険金がもらえると思っていたのですが、保険内容を見れば体調を崩し病院に行った時は病院代を上限300万円まで保証と書いてあって、私は300万以内でいくらもらえるものだと勘違いしていました。

保険は専門用語と細かい約款で埋め尽くされていて、いろいろな保険会社をくらべることが大事、日本でストレスのため通院したことがあって、入った保険は間違いなかったですが、期待していただけにがっかりでした。

ソルベンシーマージン比率について

最近相次いでいる大手企業の経営破たんですが、消費者金融大手武富士が民事再生法を申請して、経営破たんしたことは記憶に新しいです。

大手だから安心といった時代は遠い昔の話で、今自分の財産は自分で守ることが重要な時代。あなたの保険会社はどうでしょうか。

保険会社は契約者から徴収した保険料から、将来払う生存。死亡保険金など責任準備金としてストックしており、この先大震災が起きたり戦争などで、予想をはるかに超える方が同時になくなったりするかもしれません。株価が大暴落し経済がとても不安定になることも。

こうした未来のことはだれにも分からず、責任準備金とは別に通常で予測がつかないようなリスクに支払える保険金を準備しているかといったことを表したものがソルベンシーマージン比率。

簡単に言えば支払い余力のことで、各保険会社のソルベンシーマージン比率はパーセントで表示されていて、この数値が200%未満となれば金融庁より早期是正措置が取られて、0%になれば期限付き業務の一部、あるいは全部停止命令がされることに。
つまり数値が高いほどいいとされるのです。

200%が安全性の基準といったことになるのですが、過去経営破たんをした会社の中に200%を超えていた会社もあって、絶対安全とは断言できません。

あくまで保険会社を比較するときの参考に。

生命保険、車の保険は長期にわたり契約するので、高い買い物をすることと一緒。今まで保険料のみで保険会社を選んでいた方も参考に。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら