記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
毎月きちんと生理がくるかどうかは、女性ホルモンの分泌が大きく関係しています。生理不順や重い生理痛は、ストレスや不規則な生活習慣が原因で女性ホルモンのバランスが乱れている可能性があります。

女性ホルモンにはエストロゲンプロゲステロンの2種類があります。これらは卵巣から分泌されますが、その指令を出しているのが、実は脳なのです。そのため、卵巣の機能が低下していたり、脳から女性ホルモンの分泌の司令がされなかったりすると、女性ホルモンは少なくなってしまいます。

今回は、女性ホルモンのバランスが崩れてしまう原因や生理不順について医師に話を聞いてみました。

一般的な生理周期をチェック!

Licensed by gettyimages ®

月経周期には個人差がありますが、一般的には25日~38日が正常といわれています。それ以上、もしくはそれより短い場合は、以下のように呼ばれています。

・月経周期が39日以上:稀発月経
・月経周期が24日以内:頻発月経
・月経周期が一定しないこと:不整周期月経

また、一回の月経期間は3~7日間が正常です。月経が8日以上続く場合を過長月経、2日以内で終わる場合を過短月経といいます。

まずは自分の生理周期や月経期間が正常かどうかをチェックしましょう。

女性ホルモンが分泌されない理由は?

Licensed by gettyimages ®

生理周期が正常でない場合、女性ホルモンのバランスが乱れている可能性があります。きちんと分泌されない原因はさまざまですが、主に生活習慣に密接にかかわりがあるといわれています。

例えば急激なダイエットにより痩せてしまったり、精神的・体力的なストレスがかかってしまったり、偏った食事をしてしまったりすると、女性ホルモンの分泌が乱れてしまいます。そのほか子宮や甲状腺の病気がある場合も、女性ホルモンが上手に分泌されなくなります。

また、このような女性ホルモン分泌の乱れによって、デリケートゾーンにかゆみがでたり、赤くなってしまうこともあります。

≪生理痛がひどくなるのは生活習慣が原因かも…≫
1分で簡単チェック【生理痛になりやすい生活習慣】を診断してみる

【医師からのアドバイス】

生理やデリケートゾーンの悩みは、なかなか人には言えないものですよね。これらのトラブルを未然に予防するためには、普段の生活の中で、女性ホルモンの乱れが起きないような生活を心がけることが第一です。一人で悩まずに、産婦人科医の診察を受けて、適切な治療を行うようにしましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら