ひき肉は国産でもお安く販売されているのがうれしい。

バリエーションも豊富で「お肉はあまり好きではない」と言う方でも抵抗少なめで食べられると思います。



かたい部位の肉でもひき肉にすると食べやすくなるという利点がある。
また、ひき肉は筋線維が切断されていて、加熱によってかたくなることが少ないので、やわらかく食することができる。
1種類の肉のひき肉と牛、豚などの混合ひき肉(合いびき肉)がある。


出典 http://www.jmi.or.jp

実際に筆者が作った中から「おススメ~」と思うレシピをご紹介。

ひき肉の使い分け

豚ひき肉は油が多くジューシーなので、 餃子の餡や、マーボナスなど野菜と一緒に料理するとおいしさが引き立ちます。

牛肉は、ミートローフやミートソースなど、 ボリューム感のある洋風料理に重宝します。

牛肉と豚肉の合引き肉は、両方の良さをいっぺんに味わえる万能選手。ハンバーグをはじめどんな料理にも使えるので、とても人気があります。

淡白な鶏肉は、つくねや煮物など和食に大活躍。カロリーも低いので女性に人気がありますよ。

出典 http://www.yosage.com

ひき肉は調理の失敗が少ない?

肉料理 「あ~焼きすぎて硬いわ・・・」なんて経験ありませんか?
ひき肉だと調理の失敗も少ないのかな?と感じます。
初心者の方にもおススメの食材ですよ~

おススメ記事

この記事を書いたユーザー

めぐ このユーザーの他の記事を見る

現在は専業主婦してます。

得意ジャンル
  • 育児
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら