【1】コンピュータゲームが、「骨董品」になる日

若い方も、お年寄りの方も、何かしらの「テレビゲーム」や「アーケードゲーム」をプレイした経験をお持ちだろう。現在でも、PS4やWiiUなどのゲーム機は健在。加えて、ブラウザゲームやスマホゲームの勢いが凄い。

歴史を紐解けば、最初のコンピュータゲームは、1912年に、スペインの「レオナルド・トーレス・ケベード」氏が開発した「エル・アヘドレシスタ」だとされている。もう100年以上前(明治45年)の話だ。
このゲームは、「チェス用の人工知能」という位置づけで、今の様な「画面に何かを映して遊ぶ」というものでは無かった。

現在の様に、「何かを、画面に映して遊ぶゲーム機」は、1946年に「ラルフ・H・ベア」氏によって発明されたとされる。こちらは、70年前。内容は「テニスを模したゲーム」だ。

【2】日本における、テレビゲームの夜明け

海外では、様々なアーケードゲームが商用として開発・販売されていた。その流れを受けて、家庭用のゲーム機が開発され、日本にも入ってきた。

しかし、大きな流れを初めて作ったのは、タイトーの「スペースインベーダー」だろう。1978年の作品である。大ブームになった。

次いで、1983年には、任天堂から「ファミリーコンピュータ(ファミコン)」が発売された。家庭用のカートリッジ交換式ゲーム機で、最初の大ヒットと言えるだろう。

現在でも、当時のソフトを入手し、遊ぶ事は難しくない。ダウンロードコンテンツとしても、販売されている。

ファミコン発売後、セガの「メガドライブ」、NECの「PCエンジン」、携帯ゲーム機「ゲームボーイ」などなど、様々な機種が発売され、ゲーム機の戦国時代を迎えていく。

【3】万能レトロゲーム機、発売される

レトロゲーム機は多数あり、ソフトも数多くある。ファミコンだけでも1000タイトルを超えているので、全てのレトロゲームソフトを合わせると、恐らく「万」は超えるだろう。グラフィックやシステム等、最新ゲームとは比べるべくも無いが、今でも遊べる名作は多い。

筆者も、こういったゲーム機で遊んだ経験があり、今でも押入れの奥から、古いゲームソフトが出てきたりする。

久しぶりに遊んでみるか?…と思うのだが、悩みのタネとして「ソフトはあっても、ゲーム機の本体が無い」という事態がある。
無ければ「本体を新規購入」となるのだが、新品なんてまず売ってない。カートリッジの種類も多く、対応するゲーム機本体も様々だ。

そこに、万能とも言えるゲーム機が発売された。レトロフリーク」という製品だ。2015年の10月に発売された。下記が、その画像。

ファミコン、スーパーファミコン、ゲームボーイ、ゲームボーイアドバンス、メガドライブ、PCエンジンなど、主なレトロゲーム機に対応している。カートリッジ差込口が多いのは、各ゲーム機の規格が違う為だ。販売価格は、20000円と少々くらい。

最大の特徴は、「ゲームをソフトから吸出し、microSDカードに保存できる」というものだ。便利だが、著作権を侵害しているのでは?…と思ったが、その辺はきちんと検証済みで問題ないらしい。詳細は以下リンクで。

【4】レトロゲーム番組と言えば…

レトロゲームを特集した番組…といえば、まず思い浮かぶのは、「有野課長」がボヤきながらゲームをプレイするCS番組「ゲームセンターCX」だろう。
2003年から放送されているので、もう13年になる長寿番組。武道館でイベントをやったり、DVDーBOXやDS用ゲームを出したり、様々な媒体で活動している番組だ。

芸能人だけでなく、一般の人もプレイ動画をアップしている。お目当てのゲーム名や、ザックリと「レトロゲーム」で検索すると、多くの動画がヒットする。

【5】お酒とゲーム

レトロゲームを、リアルタイムで遊んだ経験をお持ちの方は、恐らく成人しているだろう。そんな方は、ゲームバーに足を運んでみては如何だろうか?。
ゲームに理解のある店主、レトロゲーム好きの常連客、子供の頃には飲めなかったお酒…。いろいろと話が盛り上がるだろう。

主には東京・名古屋・大阪などの大都市圏に多い。筆者は関西人なので、大阪のお店を一軒紹介する。本日の朝の情報番組で、特集されていた店だ。

【6】終わりに

最新のゲームもいいが、たまには昔のゲームをやってみては如何だろう?。懐かしさあり、今のゲームには無い味わいあり、「クリアさせる気あるのか?」と言いたくなる理不尽さあり…。楽しみ方は様々だ。ただし、やりすぎには注意ですよ!。

↓他、オススメ記事↓

この記事を書いたユーザー

マカラン このユーザーの他の記事を見る

関西在住のライター。
時事ネタから都市伝説まで、宇宙ネタから節約術まで、詐欺・ブラック企業ネタから珍言まで…。
幅広い話題を、楽しくお伝えしたいと思います。
(なお、画像は全てイメージです。念の為)

Twitterやってます。フォロー御願いします!
アカウント @d_makaran

アメブロも随時更新中! 見てやって下さい。
他の話題は勿論、記事を読む際の注意事項等もアリ。
http://ameblo.jp/makaran999/

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス